2019年「今年の漢字」発表12/12、ニコ生で生放送

 日本漢字能力検定協会は2019年12月12日午後2時に、京都・清水寺の「奥の院」で2019年「今年の漢字」を発表する。ニコニコ生放送では発表のようすを生中継。今回は特別に許可を得て、紅葉真っ盛りの清水寺境内を散策するようすも放送する。

生活・健康 その他
今年の漢字
  • 今年の漢字
  • 日本漢字能力検定協会
 日本漢字能力検定協会は2019年12月12日午後2時に、京都・清水寺の「奥の院」で2019年「今年の漢字」を発表する。ニコニコ生放送では発表のようすを生中継。今回は特別に許可を得て、紅葉真っ盛りの清水寺境内を散策するようすも放送する。

 日本漢字能力検定協会が行う「今年の漢字」は2019年で25回目。1年を振り返り世相を表す漢字一字を考えることにより、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらいたいという考えから、1995年より毎年行われている。今年1年の世相を表す漢字一字を全国から広く募集し、もっとも応募数が多かった漢字を京都・清水寺の森清範貫主が揮毫(きごう)する。

 2018年は、「北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨、大型台風到来、記録的猛暑など、日本各地で起きた大規模な自然災害により、多くの人が被災。自助共助による防災・減災意識も高まった」ことから、「災」が選ばれた。

 2019年「今年の漢字」は11月1日から12月5日まで募集した。12月12日午後2時より、京都・清水寺の「奥の院」で結果発表が行われる。発表時刻前後、清水寺では来場者の安全確保のため入場規制が行われる。発表のようすはニコニコ生放送で生中継されるほか、京都・祇園にある「漢字ミュージアム」でもネット中継される。

 ニコニコ生放送での中継は午前10時より。今回は特別に許可を得て、紅葉真っ盛りの清水寺境内を散策するようすも放送する。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)