語学力不問、留学ジャーナル「2020年留学奨学生」募集

 留学ジャーナルは2020年1月7日、語学力不問、授業料・滞在費・航空運賃全額支給の「2020年留学奨学生」を、高校生・大学生・社会人の各部門にて募集開始した。募集人数は各部門1名ずつ。

教育・受験 高校生
【高校生対象】トロント大学トリニティカレッジ(イメージ)
  • 【高校生対象】トロント大学トリニティカレッジ(イメージ)
  • 【大学生対象】カリフォルニア大学サンディエゴ校付属集中英語コース (イメージ)
  • 【社会人対象】キングスロンドン校(イメージ)
 留学ジャーナルは2020年1月7日、語学力不問、授業料・滞在費・航空運賃全額支給の「2020年留学奨学生」を、高校生・大学生・社会人の各部門にて募集開始した。募集人数は各部門1名ずつ。

 留学ジャーナルの奨学生募集は、語学力を問わないのが大きな特徴。2020年は高校生・大学生・社会人の各部門にてそれぞれ1名ずつ募集する。

 高校生部門の留学先は、カナダのトロント大学トリニティカレッジ。寮生活を送りながら、世界各国から集まった留学生とともにアクティブラーニングを取り入れた授業やアクティビティを通して、生きた英語を身に付ける。留学期間は7月19日から8月2日(15日間)。応募締切は5月8日。発表は5月下旬を予定。

 大学生部門の留学先は、アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校付属集中英語コース。会話力向上を目的として、アメリカの文化やライフスタイルをテーマに英語を創業的に学ぶカリキュラムを受講できるほか、大学の学部生と交流する機会も用意されている。留学期間は8月2日から30日(29日間)。応募締切は4月24日。発表は5月中旬を予定。

 社会人部門の留学先は、イギリスのキングスロンドン校。50年以上の歴史を持つ老舗の語学学校で、一般英語と特別選択科目を組み合わせたコースを受講する。留学期間は4月19日から26日(8日間)。応募締切は2月7日。発表は2月下旬を予定。

 応募は、留学ジャーナルWebサイト内エントリーフォームより受け付ける。作文(日本語)による第1次選考と面接(日本語)による第2次選考を実施。面接は、東京、大阪、名古屋、広島、福岡のいずれか最寄りの留学ジャーナルカウンセリングセンター(遠方の者はSkypeまたは電話)にて行う。結果は合格者本人に直接連絡する。

◆留学ジャーナル「2020年留学奨学生」募集
募集人数:各部門1名ずつ
応募方法:留学ジャーナルWebサイト内エントリーフォームにて応募する

<【高校生対象】トロント大学トリニティカレッジ>
留学先:トロント大学トリニティカレッジ
留学期間:2020年7月19日(日)~8月2日(日)
応募資格:高校生(コース参加時に高校1年生~高校3年生/18歳以下)
応募締切:2020年5月8日(金)
発表:2020年5月下旬。合格者本人に直接連絡
奨学金内訳:授業料全額(ジュニアコース/週25時間)、アクティビティ費用(週に1度の1日遠足と半日アクティビティ)、滞在費全額(学校寮・1人部屋/月~土:1日3食、日:朝夕2食付き)、航空運賃(成田もしくは羽田空港~トロント空港往復)、トロント到着ならびに出発日のトロント空港と学校の往復送迎費、研修手配費

<【大学生対象】カリフォルニア大学サンディエゴ校付属集中英語コース>
留学先:カリフォルニア大学サンディエゴ校付属集中英語コース(UCSD Extension)
留学期間:2020年8月2日(日)~8月30日(日)
応募資格:18歳以上で、コース参加時に日本の学校(大学・大学院・短大・高等専門学校・専修学校など)において正規生として在籍していること
応募締切:2020年4月24日(金)
発表:2020年5月中旬。合格者本人に直接連絡
奨学金内訳:授業料全額(一般英語コース/週20時間)、出願料、滞在費全額(民間寮・相部屋/食事なし)、航空運賃(成田もしくは羽田空港~サンディエゴ空港往復)、サンディエゴ到着日の空港出迎え費、研修手配費

<【社会人対象】キングスロンドン校>
留学先:キングスロンドン校
留学期間:2020年4月19日(日)~26日(日)
応募資格:18歳以上の社会人
応募締切:2020年2月7日(金)
発表:2020年2月下旬。合格者本人に直接連絡
奨学金内訳:授業料全額(一般英語コース/週28レッスン)、出願料、滞在費全額(民間寮・相部屋/食事なし)、航空運賃(成田もしくは羽田空港~ロンドン・ヒースロー空港往復)、ロンドン到着日の空港出迎え費、研修手配費
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)