香川県、ゲーム・ネット依存症対策の条例素案に「利用時間制限」盛り込む

香川県議会はゲームやインターネットの依存症対策に関する条例の素案に高校生以下の子どもを対象とした利用時間の制限を盛り込む方針。

デジタル生活 小学生
香川県が「ゲーム・ネット依存症」対策に関する条例素案に“利用時間制限”を盛り込む
  • 香川県が「ゲーム・ネット依存症」対策に関する条例素案に“利用時間制限”を盛り込む
  • 香川県が「ゲーム・ネット依存症」対策に関する条例素案に“利用時間制限”を盛り込む
香川県議会が検討しているゲームやインターネットの依存症対策に関する条例の素案に、高校生以下の子どもを対象とした利用時間の制限が盛り込まれることがNHKの報道で明らかとなりました。

1日あたり平日は60分、休日は90分に制限。また、夜間は高校生は夜10時以降、小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降の利用を制限するとのこと。これらの制限に罰則規定はないものの、子どもたちに守らせることを保護者や学校の「責務」として明記するそうです。

県議会は、本日10日の委員会で素案を協議したあと県民からパブリックコメントを募ったうえで、来月の定例本会議にて条例案を提出する方針。

香川県が「ゲーム・ネット依存症」対策に関する条例素案に“利用時間制限”を盛り込む

《RIKUSYO》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)