東大出身者の就職後満足企業、メガバンク上位入らず

 東大出身者の就職後満足度がもっとも高い企業は「マッキンゼー・アンド・カンパニー」で、上位3社はすべて外資系コンサルティングファームだったことが、オープンワーク「働きがい研究所」調査レポートより明らかになった。

教育・受験 大学生
東大出身者による就職後満足企業ランキング(上位5社)
  • 東大出身者による就職後満足企業ランキング(上位5社)
  • 東大出身者による就職後満足企業ランキング(上位20社)
 東大出身者の就職後満足度がもっとも高い企業は「マッキンゼー・アンド・カンパニー」で、上位3社はすべて外資系コンサルティングファームだったことが、オープンワーク「働きがい研究所」調査レポートより明らかになった。

 調査レポートは、2020年2月までにOpenWorkへ登録のあった会社評価レポートのうち、東京大学出身者による1,960件のデータを集計。東京大学出身者が入社後に働きがいを感じている企業を調査した。「社員として1年以上在籍した企業の情報であること」「500文字以上の自由記述項目と、8つの選択項目に回答すること」などを条件にアンケートを収集している。

 東大出身者による就職後満足企業ランキングは、1位「マッキンゼー・アンド・カンパニー」、2位「ボストン・コンサルティング・グループ」、3位「A.T.カーニー」と、上位3社はすべて外資系コンサルティングファームが独占した。また、上位20社のうち7社がコンサルティングやシンクタンクだった。

 上位3社の社員クチコミを見ていくと、フラットな組織で若いうちから活躍機会が与えられる点が多く挙げられており、その根底にある、ひとりひとりを「プロフェッショナルとして尊重する」文化が見られた。

 一方、東大生の就職先として上位のメガバンクは、満足度で上位20社に入らなかった。メガバンクの社員クチコミを見ていくと、フラットなコンサルティングとは対照的に、年功序列の縦割り組織である点に加えて、社内調整に多くの時間を割かねばならないといった、巨大組織ならではの課題も多く挙げられていた。

◆東大出身者による就職後満足企業ランキング
1位:マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社
2位:ボストン・コンサルティング・グループ
3位:A.T.カーニー
4位:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G)
5位:三井物産
6位:アクセンチュア
7位:電通
8位:東京海上日動火災保険
9位:楽天
10位:三菱商事
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)