下北沢に「住む・学ぶ」を一体化した居住型教育施設、11月開業

 UDSは、小田急電鉄が開発を推進する「下北線路街」において、「住む」と「学ぶ」を一体化した居住型教育施設(学生寮)を2020年11月に開業する予定。多様な学生や若手社会人が、寝食を共にする中で互いの学び合いを生む、新しい学生寮の形となっている。

生活・健康 大学生
居住型教育施設(学生寮)外観イメージ
  • 居住型教育施設(学生寮)外観イメージ
  • 居住型教育施設(学生寮)
 UDSは、小田急電鉄が開発を推進する「下北線路街」において、「住む」と「学ぶ」を一体化した居住型教育施設(学生寮)を2020年11月に開業する予定。多様な学生や若手社会人が、寝食を共にする中で互いの学び合いを生む、新しい学生寮の形となっている。

 急速な技術革新やグローバル化により、知識や技能の習得以上にそれらを実践し応用する力や分野横断的アプローチ、多様な人材と協働し新たな産業を創出できる能力などが求められる現代。これからの時代に求められるリーダーの育成を目指し、この居住型教育施設(学生寮)は開業される。

 開業される居住型教育施設(学生寮)は、特定の大学や高校に紐づいた欧米型のボーディングスクール(寄宿型学校)とは異なり、居住者それぞれの高校や大学、職場での経験を持ち寄って互いに学び合う施設。「教育プログラムとしての共同生活」「リベラルアーツの学び合い」「地域に開かれ共創するプロジェクト」を3つの柱とし、世界に違いをもたらすリーダーの輩出やシモキタエリアの地域個性の促進を目指す。

 UDSでは、「まちづくりは人づくり」の視点で、未来を担う学生のための環境作りにも取り組んでいる。今回開業される施設においても、2018年に開業した学生レジデンス「NODE GROWTH 湘南台」の運営を通した知見を生かし、文化と多様性豊かな下北沢地域で、まちに開かれた新たな学生寮を展開する。
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)