自宅でセッション、ヤマハのオンライン遠隔合奏サービス

 ヤマハは2020年4月9日、離れていても複数人で合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」を発表した。現在、ほぼ同等の機能を持つベータ版サービス「NETDUETTO β2」が無料で利用できる。正式公開は6月ごろを予定。

趣味・娯楽 その他
SYNCROOM
  • SYNCROOM
  • NETDUETTO ラボ
 ヤマハは2020年4月9日、離れていても複数人で合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」を発表した。現在、ほぼ同等の機能を持つベータ版サービス「NETDUETTO β2」が無料で利用できる。正式公開は6月ごろを予定。

 「SYNCROOM」は、複数のユーザー同士によるインターネット回線を介した音楽合奏を実現するオンラインサービス。自宅などのパソコンにアプリケーションをインストールし、ユーザー登録を行うことで、合奏に適したさまざまな機能を利用したオンラインセッションを最大5拠点の接続で楽しむことができる。

 ヤマハによると、通話を想定している一般的なIP電話や遠隔会議システムでは一定の音声の遅れが生じ、合奏には適さない。「SYNCROOM」では、インターネット回線を介したオーディオデータの双方向送受信を極力小さな遅れで実現する独自の技術を採用し、遠隔地間でもほぼ違和感ない快適なオンラインセッションサービスを実現した。

 新型コロナウイルスの感染拡大による活動制限に対する支援として、6月公開の「SYNCROOM」に先行し、ほぼ同等の機能を持つベータ版サービス「NETDUETTO β2 」を公開した。Webサイト「NETDUETTO ラボ」より、ダウンロードのうえ無料で利用できる。

 なお、現在提供中の「NETDUETTO β」および「NETDUETTO β2」は2020年秋ごろにサービス終了予定。「SYNCROOM」への移行には改めてアプリケーションのインストールが必要となる。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)