重田教育財団、東京23区内の母子世帯に臨時援助金…4月末締切

 重田教育財団は昨今の社会状況を鑑み、東京23区内の母子世帯を対象とした臨時援助金の給付を行う。5歳以下の子ども1名につき月額5,000円(年額6万円)を給付する。募集期間は2020年4月1日から30日。

生活・健康 保護者
 重田教育財団は昨今の社会状況を鑑み、東京23区内の母子世帯を対象とした臨時援助金の給付を行う。5歳以下の子ども1名につき月額5,000円(年額6万円)を給付する。募集期間は2020年4月1日から30日。

 重田教育財団では、母子世帯が夢を追い続けられるように、「食育」「保育」「文教」「その他養育に関するもの」を使途とした返還義務のない養育援助金を給付し、幼児養育を促進している。

 臨時援助金の給付の対象は、東京23区内に住所がある母子世帯。戸籍上の婚姻関係がある者でもひとり親と同等の場合応募可能。給付金額は、5歳以下の子1名につき月額5,000円(年額6万円)。給付期間は1年間(年額を一括で給付)。採用人数は200名。

 受給希望者は、応募書類一式を重田教育財団宛てに郵送すること。締切りは4月30日(必着)。選考結果は5月中に本人に文書もしくは電子メールで通知する。

◆重田教育財団「臨時母子世帯養育援助金」
応募資格:以下の(1)~(6)のすべてに該当する者
(1)母子共に日本国籍を有し、東京23区内に住所がある母子世帯であること
※ひとり親と同等の状態の者を含む
(2)応募締切日時点で5歳以下の子が1名以上いること
(3)経済的な理由により日々の生活が困窮していること
(4)生活保護を受けていないこと
(5)給付金を子に関連のない趣味や娯楽などに使用しないと誓約できること
(6)求めがあった場合には給付金の使途を報告できること
給付金額:5歳以下の子1名につき月額5,000円(年額6万円)
給付期間:1年間
※年額を一括で給付
採用人数:200名
締切:2020年4月30日(木)必着
応募方法:応募書類一式を重田教育財団宛てに郵送する
※応募書類は、重田教育財団Webサイトにて確認すること
※直接の持参は受け付けていない
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)