主観から客観へ、エビデンスに基づく学校教育の改善

 2020年3月10日、文部科学省と総務省は、学校や教育委員会などの教育関係者、校務系システムや授業・学習系システムを開発する事業者などを対象に、「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム(成果報告会)」を開催した。

教育業界ニュース 文部科学省
「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム」の配信映像画面
  • 「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム」の配信映像画面
 2020年3月10日、文部科学省と総務省は、学校や教育委員会などの教育関係者、校務系システムや授業・学習系システムを開発する事業者などを対象に、「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム(成果報告会)」を開催した。当フォーラムは文部科学省「エビデンスに基づいた学校教育の改善に向けた実証事業」、総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」の合同成果報告会であり、当初は文部科学省本館講堂で開催される予定だったが、新型コロナウイルス発生拡大から関係者のみによるWeb会議ツールを利用した開催となった。

校務系データと学習系データを連携して教育現場の改善へ



リシードで全文を読む
《佐久間武》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)