国立科学博物館、自宅で楽しめる無料コンテンツ提供

 新型コロナウイルス感染拡大防止のために現在臨時休館中の国立科学博物館は、外出自粛要請が出されている中、自宅でも国立科学博物館を楽しめる無料コンテンツの提供を開始した。2020年4月24日からは、「おうちで体験!かはくVR」を無料公開している。

教育・受験 小学生
3Dビュー+VR映像(国立科学博物館)
  • 3Dビュー+VR映像(国立科学博物館)
  • 3Dビュー+VR映像(国立科学博物館)
  • 3Dビュー+VR映像(国立科学博物館)
  • YouTube 国立科学博物館公式「かはくチャンネル」
  • YouTube 国立科学博物館公式「かはくチャンネル」
  • 親と子のたんけんひろば「コンパス」ワークシート(国立科学博物館)
  • カレンダー付き壁紙バックナンバーも公開している(国立科学博物館)
 新型コロナウイルス感染拡大防止のために現在臨時休館中の国立科学博物館は、外出自粛要請が出されている中、自宅でも国立科学博物館を楽しめる無料コンテンツの提供を開始した。2020年4月24日からは、「おうちで体験!かはくVR」を無料公開している。

 「おうちで体験!かはくVR」は、VR革新機構の協力により日本館と地球館の展示室全体を高画質撮影。3DビューとVR映像で、自宅にいながらまるで国立科学博物館にいるような展示鑑賞を楽しめる。なお、3Dビュー映像はパソコンやスマートフォンで楽しめるが、VR映像鑑賞にはVR専用ゴーグルもしくはVRメガネが必要。

 YouTubeの「かはくチャンネル」では、国立科学博物館の研究者が自身の研究内容や国立科学博物館の展示がさらに面白くなるポイントを動画で伝える「おうちでかはく、科学に触れる時間」や、3月14日から4月12日まで開催予定だった企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 -太田洋愛原画展-」の担当研究者による解説動画を公開する。

 また、おもに4歳から6歳の子どもと保護者を対象とした親と子のたんけんひろば「コンパス」で配布しているワークシートの一部を公開。「おはなしおりがみ」や「どうぶつかくれんぼ」「ぬりえでタイムスリップ!」など、小さな子どもが楽しめるコンテンツも提供している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)