【GW2020】みずがめ座η流星群、見頃は5/6前後2-3日未明

 みずがめ座η(エータ)流星群が、ゴールデンウィーク後半の2020年5月6日未明から明け方にかけて、観測チャンスを迎える。満月前の明るい月が夜空を照らすため、観測の際は月の反対側を眺めるのがお勧め。5月6日を中心とする2~3日間の未明が見頃となりそう。

生活・健康 その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • みずがめ座η流星群のシミュレーション(2020年5月6日 日の出1時間前 東京3時44分)
 みずがめ座η(エータ)流星群が、ゴールデンウィーク後半の2020年5月6日未明から明け方にかけて、観測チャンスを迎える。満月前の明るい月が夜空を照らすため、観測の際は月の反対側を眺めるのがお勧め。5月6日を中心とする2~3日間の未明が見頃となりそう。

 みずがめ座η流星群は、毎年5月の連休ごろに極大を迎える流星群。国立天文台によると、放射点の位置の関係で北半球の中・高緯度の地域での観測は難しく、日本では明け方の1時間くらいしか見ることができない。ただし、極大前後数日間は同じくらいの流星が観測できる。5月6日を中心とする2~3日間の未明が見頃だという。

 アストロアーツによると、みずがめ座η流星群の極大時刻は5月6日午前5時ごろの予測。流れ星が見やすい時間帯は、6日の未明から明け方となりそう。満月前の明るい月がほぼ一晩中夜空を照らすため、条件はよくなく、観測が予想される流れ星の数は1時間あたり5~10個程度。流れ星は空全体に飛ぶため、月から離れた方向を中心に広く空を見渡すことを勧めている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)