オンラインで授業・投票、SDG4教育キャンペーン途中経過発表

 SDGsのゴール4(教育目標)を達成するための世界規模のキャンペーン「SDG4(エス・ディ・ジー・フォー)教育キャンペーン」が、5月31日まで開催されている。5月11日時点で、教材のダウンロードは275件、オンライン投票は579件になった。

教育イベント 中学生
SDG4教育キャンペーン2020
  • SDG4教育キャンペーン2020
  • 政党アンケート結果
 SDGsのゴール4(教育目標)を達成するための世界規模のキャンペーン「SDG4(エス・ディ・ジー・フォー)教育キャンペーン」が、5月31日まで開催されている。5月11日時点で、教材のダウンロードは275件、オンライン投票は579件になった。

 「SDGs(持続可能な開発目標)」とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミット採択の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標。「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」といった17のゴールと、169のターゲットで構成されている。

 毎年4月に、市民の声を政府へ届け、政策に反映することを目的とするグローバル・キャンペーンが世界100か国以上で実施されている。教育分野の国際協力NGO20団体の連合体である「教育協力NGOネットワーク(JNNE)」は、日本において「SDG4教育キャンペーン」(旧:「世界一大きな授業」キャンペーン)を実施してきた。2019年は全国622校・グループ、5万人弱がキャンペーンに参加。2003年の開始以来、延べ58万人以上が参加している。

 「SDG4教育キャンペーン2020」は、4月1日から5月31日の期間で開催。個人・学校・グループで、誰でも参加できる。オンラインでの参加も可能。「選択・投票する」「子どもロビイングに参加する」「授業・ワークショップをやる」のいずれかの方法で参加できる。

 2月から3月にかけ、8政党にSDG4(教育目標)に関するアンケートを実施し、自民・公明・立憲・国民・共産・維新・社民の各党の7政党から得た回答をWebサイトに掲載している。オンライン投票は、回答を読んでもっとも賛同する政党を選んで行う。授業・ワークショップは、Webサイトからダウンロードできる無料のキャンペーン公式教材を利用して実施する。5月11日時点で、教材のダウンロードは275件、オンライン投票は579件になった。キャンペーン詳細は、Webサイトにて確認できる。

◆SDG4教育キャンペーン
期間:2020年4月1日(水)~5月31日(日)
対象:個人・学校・グループで、誰でも参加できる(オンライン参加も可能)
参加方法:以下のいずれかの方法で参加できる
(1)選択・投票する
(2)子どもロビイングに参加する
(3)授業・ワークショップをやる
※(3)はWebサイトでダウンロードできるキャンペーン公式教材(無料)を利用すること
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)