オンライン授業のリアルと可能性…角川ドワンゴ学園らトークイベント6/12

 角川ドワンゴ学園は「第0回 オンライン授業のリアルと可能性」と題し、グルーヴノーツと、教育について語り合うトークイベント「これからの『学び』の話をしよう」を2020年6月12日に共催する。

教育イベント 先生
トークイベント「これからの『学び』の話をしよう」
  • トークイベント「これからの『学び』の話をしよう」
  • トークイベント「これからの『学び』の話をしよう」
 角川ドワンゴ学園は「第0回 オンライン授業のリアルと可能性」と題し、グルーヴノーツと、教育について語り合うトークイベント「これからの『学び』の話をしよう」を2020年6月12日に共催する。

 キックオフとなる今回は、「オンライン授業のリアルと可能性」をテーマに、角川ドワンゴ学園、グルーヴノーツの事例からオンライン授業や生徒たちのようす、工夫・苦労しているポイントなどを紹介する。また、オンライン授業の経験・体験から見えてきた「オンラインでどのような学びを提供したら良いか」を参加者と双方向で議論する。

 今回以降もテーマを広げさまざまなゲストを迎えてシリーズ化を目指す。

 日時は2020年6月12日午後6時より。ビデオ会議ツール「Zoom」を使用し、参加者はオンラインで参加する。参加申込みは申込みフォームより先着順に受け付け、100名の定員になり次第締め切る。

◆これからの「学び」の話をしよう~第0回オンライン授業のリアルと可能性
日時:2020年6月12日(金)18:00~19:30
登壇者:
・園利一郎(角川ドワンゴ学園 経験学習部)
・佐々木久美子(テックパーク)
・林田暢明(「TAO」オーナー・総務省 地域力創造アドバイザー)
内容:
・学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・N中等部におけるオンライン教育について
・テックパークオンラインでの実践例について
・トークセッション
 1 オンライン教育の現場から
 2 これからの「学び」のかたちとは?
 3 何を「学ぶ」のか?
・参加者も交えた Q&A セッション
対象:教育関係者(学校の先生及び学校経営者、民間教育従事者)、保護者の方
定員:100名
受講形式:ビデオ会議ツール「Zoom」を使用し、参加者はオンラインで受講
《工藤崇史》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)