キャンプ場を学び場に「School to go」千葉・神奈川でトライアル

 キャンプ場企画・運営を行うRecampは2020年10月1日、千葉県と神奈川県にある3施設においてバンタンが実施する「バンタンテックフォードアカデミー」の生徒を対象とした「どこでもスタディ」制度との連携サービス「School to go」のトライアルを開始した。

教育・受験 その他
School to go イメージ
  • School to go イメージ
  • School to go 対象施設:RECAMPしょうなん
  • School to go 対象施設:昭和の森フォレストビレッジ
  • School to go 対象施設:RECAMPおだわら
  • Recampロゴ
 6道府県で11施設のキャンプ場企画・運営を行うRecampは2020年10月1日、千葉県と神奈川県にある3施設においてバンタンが実施する「バンタンテックフォードアカデミー」の生徒が好きな場所で授業を受けられる「どこでもスタディ」制度と連携したサービス「School to go」のトライアルを開始した。

 「School to go」は、キャンプ場にオフィスを持ち出すサテライトオフィス「Office to go」に続く第2弾としてRecampが進める、キャンプ場に学びの場を持ち出すサテライトキャンパス。サービスを検討していたところ、バンタンの「どこでもスタディ」と構想が合致し、千葉県・神奈川県で運営する3つのキャンプ場でトライアルを開始した。

 「どこでもスタディ」は、バンタンテックフォードアカデミーの生徒が、授業を教室、自宅、ゲストハウス、コワーキングスペースなど好きな場所で受講できる制度。今回新たな学び場として、Recampが運営するキャンプ場3施設が加わる。バンタンテックフォードアカデミーの生徒および同伴の保護者は、500円で該当するキャンプ場を利用することができる。

 Recampは、コロナ禍で学びのあり方が変化する中、キャンプ場に「学ぶ」環境を整備しキャンプ場という非日常の中での学びを可能とすることで、通常のキャンパスでは出会わない人との出会いや交流、新たな発見や学び、自然の中で気分転換することで集中の質をあげるなど、好循環が生まれる環境を提供したい狙い。学ぶ「環境」の整備に続き、今後は学ぶ「コンテンツ」の提供を目指してサービスを構築していくという。また、バンタンテックフォードアカデミーの生徒だけではなく、さまざまな大学・専門学校・高校などと連携し、サービスを提供していく予定。

◆School to go トライアル
「どこでもスタディ」受入れ施設:
・RECAMPしょうなん(千葉県柏市片山275)
・昭和の森フォレストビレッジ(千葉県千葉市緑区小食土町955)
・RECAMPおだわら(神奈川県小田原市久野4294-1)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)