GPS端末で居場所を把握「goo of thingsいまここ」

 NTTレゾナントは2020年6月16日、子ども向け見守りサービス「goo of thingsいまここ」を発売した。子どもに持たせた専用GPS端末を通じて、子どもの現在地や行動履歴を確認できる。危険地域への侵入時や緊急時には、保護者のアプリに通知する。

デジタル生活 小学生
goo of thingsいまここ
  • goo of thingsいまここ
  • 地図上での表示・危険スポット設定イメージ
  • 緊急のお知らせイメージ
 NTTレゾナントは2020年6月16日、子ども向け見守りサービス「goo of thingsいまここ」を発売した。子どもに持たせた専用GPS端末を通じて、子どもの現在地や行動履歴を確認できる。危険地域への侵入時や緊急時には、保護者のアプリに通知する。

 「goo of thingsいまここ」は、子どもに持たせた専用GPS端末を介して受信した位置情報などを、保護者がアプリで確認できる子ども向け見守りサービス。子どもの現在地は「goo of things」アプリの地図上にリアルタイムで表示され、行動履歴も最短1.5分単位で残る。交通事故や犯罪などが発生した危険スポットを登録しておくと、登録したスポットに出入りしたタイミングを通知する。

 GPS端末のボタンを長押しすると、子どもから保護者に現在地を通知することも可能。緊急時のSOS発信だけでなく、習い事に出かけた子どもが保護者に迎えに来てほしいタイミングを知らせるためにも利用できる。

 総合防災アプリ「goo防災アプリ」の一部機能と連携し、「goo of things」アプリのマップに避難所や警察署、病院など公共施設が表示される。子どもの行動圏内の防災情報を事前に把握することで、非常時の行動について話し合うきっかけにもなる。

 専用のGPS端末は、現在地の通知時などに押すボタンのみのシンプルな設計になっている。バッテリーは最長14日間動作するため、登下校から放課後まで、長時間の携帯に適している。

 価格は、初期費用8,800円(GPS端末本体価格・内蔵通信SIM価格含む)、月額利用料580円(いずれも税別)。NTTレゾナントが運営するgoo Simsellerで購入できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)