自立学習支援プラットフォーム「mahoroba」β版公開

 Rejouiは、子どもの自立学習を支援するプラットフォーム「mahoroba(まほろば)」β版の提供を開始。7月31日まで無料公開し、以降は一部機能を有料にて提供していく。

教育業界ニュース 教材・サービス
mahoroba
  • mahoroba
  • オンライン自習室
 Rejouiは、子どもの自立学習を支援するプラットフォーム「mahoroba(まほろば)」β版の提供を開始。7月31日まで無料公開し、以降は一部機能を有料にて提供していく。

 「mahoroba」は、学習パートナーと一緒に自習できるオンライン自習室をはじめとしたサービスを提供する自立学習支援プラットフォーム。会員登録することにより仮想空間上の「クラス」に入学し、学習意欲の高い友達や同じ分野に興味関心のある友達と学ぶことができる。

 mahorobaβ版では、ビデオコミュニケーションサービス「Zoom」を使用して、クラスごとに定められた時間に学習できる機能を無料公開。自分に合ったクラスを選択し、自習時間を予約して利用することが可能。

 各クラスの自習室には、子どもたちの学習をサポートする管理人が「まほろばん」として常駐。β版ではRejouiのスタッフがまほろばんを務め、将来的には専門領域の識者など、一般から広く公募する。

 β版の無料公開は7月31日まで実施し、以降は一部機能を有料にて提供していく。希望者は、Webサイト内入学申請フォームに必要事項を記入し、利用規約を確認・同意して登録すること。登録完了後、登録したメールアドレスとパスワードでマイページにログインすると、オンライン自習室の予約方法や自習室について確認できる。

 今後、学年にとらわれない多様なクラスの企画運営、学習パートナーのマッチング、学習者の興味関心分野や習熟度に応じた学習コンテンツの提供、学習履歴に応じたインセンティブの付与などの機能を開発予定。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)