進研ゼミ「実力診断テスト」全国357塾でも受験可能

 ベネッセコーポレーションの進研ゼミが実施している「全国実力診断テスト」が、クラスベネッセ提携パートナー塾の全国357拠点で受験できるようになった。地域の最新の入試状況などに合わせた無料の個別アドバイスも行っている。

教育・受験 小学生
「全国実力診断テスト」がクラスベネッセ提携パートナー塾の全国357拠点で受験できる
  • 「全国実力診断テスト」がクラスベネッセ提携パートナー塾の全国357拠点で受験できる
  • 「全国実力診断テスト」は郵送もしくはPDFダウンロードから選ぶことができる
  • 受験者には「診断結果」「個別復習ドリル」が届く
  • 全国の中で自分のレベル・位置がわかる
  • 教科ごと・単元ごとの得意・苦手がわかる
 ベネッセコーポレーションの進研ゼミが実施している「全国実力診断テスト」が、クラスベネッセ提携パートナー塾の全国357拠点で受験できるようになった。地域の最新の入試状況などに合わせた無料の個別アドバイスも行っている。

 新型コロナウイルス感染症の影響による一斉臨時休校の長期化で生まれた学力格差への不安の高まりを受け、進研ゼミは2020年5月20日から7月8日まで、自宅で受験できる「全国実力診断テスト」を実施している。

 全国実力診断テストは、進研ゼミの会員・非会員を問わず、すべての小中学生が対象。自宅で無償の実力診断テストが受けられる。テスト後には、診断結果に合わせて個人用にカスタマイズされた「個別復習ドリル」をテスト結果と合わせて提供。6月24日時点で約15万人が申し込んでいるという。なお、全国実力診断テストの提供は7月8日まで。郵送での提供は6月25日までとなり、以降はダウンロードでの利用となる。

 今回、この取組みに賛同したクラスベネッセ提携パートナー塾の全国357拠点でも全国実力診断テストが受験できるようになり、個別のアドバイスを無償で提供することが決定。地域の状況に合わせた支援、ひとりひとりの不安に寄り添った支援を行うことができる。

 受験できるクラスベネッセ提携パートナー塾は、思学舎(茨城・千葉)、熊本ゼミナール(熊本)、東大セミナー(石川)、寺子屋グループ(香川・徳島・沖縄)、学思館(福岡)、スクール21(埼玉)、フリーステップ(東京・埼玉・滋賀・奈良・京都・大阪・兵庫・徳島)、ソフィア(大阪)。なお、熊本ゼミナールは6月21日に実施が終了しており、個別アドバイスについては熊本ゼミナールの各校舎に相談する。

 塾で受験・アドバイスを受ける方法は、「PDFダウンロードもしくは郵送で届いた実力診断テストを各教室に持参して受験する」「自宅で受験し診断結果を各教室に持参して個別アドバイスを受ける」の2種類。Webサイトでの提出は7月8日までとなるため、7月9日以降にアドバイスを希望する場合は結果表を事前にプリントアウトする。詳細は各塾のWebサイトで確認すること。

 ベネッセコーポレーションの塾連携事業責任者の大島一秀氏は、「各教室では地域の豊富なデータに基づいて、今回の実力診断テスト結果に合わせた勉強法や進路アドバイスをご提供いたします。今現在、各塾にお申込みをいただいている学年を見ますと、高校入試を控えられた中学3年生が特に多い状況です。再開した学校の授業・定期テストに向けた不安解消だけでなく、高校入試やこれからの学校生活への自信を深める機会になれば幸いです」とコメントしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)