短い夏休み…高3生「勉強時間足りない」「思い出作れない」

 2020年の夏休みが全国的に短縮傾向にある中、高校1・2年生は部活や遊びが楽しめず残念、高校3年生は受験への焦りや高校最後の思い出を作れず無念な気持ちを抱いていることが2020年7月16日、LINEリサーチの調査結果から明らかになった。

生活・健康 高校生
高校生の夏休み 2019年と2020年の比較
  • 高校生の夏休み 2019年と2020年の比較
  • 高校1年生のキモチ
  • 高校2年生のキモチ
 2020年の夏休みが全国的に短縮傾向にある中、高校1・2年生は部活や遊びが楽しめず残念、高校3年生は受験への焦りや高校最後の思い出を作れず無念な気持ちを抱いていることが2020年7月16日、LINEリサーチの調査結果から明らかになった。

 LINEリサーチによる「高校生の夏休み事情に関する調査」は2020年7月3~4日、LINEユーザーである高校1~3年生の男女を対象にスマートフォンWeb調査として実施。有効回収数は1,056サンプル。都道府県構成比を市場にあわせてウェイトバックした。

 夏休み期間は、2019年は全国的に「7月20日~9月1日」が最多だったが、2020年は「8月1日~23日」が多く、新型コロナウイルス感染症対策による長期休校の影響から、夏休み開始日が全国的に後ろ倒しになっている。例年のようなエリアによるばらつきは少なく、終了日は8月16日または23日と、全エリアで短縮傾向にある。

 全国的に夏休みが短くなっている状況を踏まえ、高校生の気持ちを聞いたところ、1年生からは「他校の友達と遊べる日程が合わなくなってしまうかもしれないのが不安」「バイトを夏休み期間中にやりたかった」、2年生からは「部活の合宿がなくなって悲しい」「オープンキャンパスに行く機会が短くなって悲しい」などが寄せられた。新型コロナウイルスの影響で仕方がないと理解しつつも、「残念」「寂しい」という声が多くみられた。

 3年生からは「受験勉強の時間が足りない」「学校のカリキュラムが終わらないので仕方がない」など、受験に対する焦りの声が多く寄せられた。また、部活動最後の地方大会がなくなってしまったり、文化祭など高校最後のイベントがなくなったりなど、高校生活最後の夏の思い出作りが思うようにできないことへの無念さを感じるコメントが相次いだ。

 LINEリサーチでは、「学年ごとのもどかしさが伝わる結果」としたうえで、「今年の夏は高校生もそのご家族も、多くの人がこれまでと違う夏休みとなることと思います。確かに典型的な形ではないかもしれないし、制約もあることと思いますが、お友達や好きな人やご家族との時間、趣味に打ち込むことなどの、有意義さや深さには変わりありません。学生時代の思い出としてぜひ夏休みを楽しんでくださいね」とメッセージを送っている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)