夏休みの短縮は公立学校95%…最多は16日、最短4日

 文部科学省は2020年7月17日、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた公立学校における学習指導等に関する状況について公表した。全体の95%が長期休業期間の短縮を予定しており、夏休み期間は16日間がもっとも多く、最短は小中学校が9日間、高校が4日間だった。

教育業界ニュース 文部科学省
夏季休業期間を短縮する場合の夏季休業期間の日数
  • 夏季休業期間を短縮する場合の夏季休業期間の日数
 文部科学省は2020年7月17日、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた公立学校における学習指導等に関する状況について公表した。全体の95%が長期休業期間の短縮を予定しており、夏休み期間は16日間がもっとも多く、最短は小中学校が9日間、高校が4日間だった。

 全国の公立小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の設置者を対象に文部科学省が6月23日時点の状況を調査し、結果を取りまとめた。なお、調査は7月の豪雨被害が発生する前のものであるため、調査公表時点では数値が異なる可能性があるという。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)