金持ち企業ランキング、製造業が好調…1位の企業は?

 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターは2020年8月25日、第8回「金持ち企業ランキング」を発表した。決算書の記載に基づき算出したNetCashを比較して1位を獲得したのは、前回まで3年連続2位の「任天堂」。2位は「信越化学工業」、3位「SMC」であった。

生活・健康 その他
第8回「金持ち企業ランキング(上位20社)」
  • 第8回「金持ち企業ランキング(上位20社)」
  • 第8回「金持ち企業ランキング(上位100社)」
 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスターは2020年8月25日、第8回「金持ち企業ランキング」を発表した。決算書の記載に基づき算出したNetCashを比較して1位を獲得したのは、前回まで3年連続2位の「任天堂」。2位は「信越化学工業」、3位「SMC」であった。

 「金持ち企業ランキング」は、決算書の記載に基づき算出したNetCashを比較したランキング。NetCashとは現預金から、短期借入金、長期借入金、社債、1年以内返済の長期借入金、1年以内償還の社債、割引手形の総額を引いたものを指す。

 第5回から第7回まで3年連続2位の「任天堂(NetCash 8,904億円)」が、今回初めて1位を獲得。2位は「信越化学工業(同 8,130億円)」、3位「SMC(同 5,367億円)」、4位「キーエンス(同 4,766億円)」、5位「ファナック(同 4,058億円)」。

 上位20社にランクインしている業種をみると、娯楽用品・玩具製造業(任天堂、バンダイナムコホールディングス)、はん用機械器具製造業(SMC、ホシザキ)、電子部品・デバイス・電子回路製造業(キーエンス、ローム)、電気機械器具製造業(小糸製作所、オムロン)、医薬品製造業(塩野義製薬、大正製薬ホールディングス)が各2社、ほかに製造業3社(信越化学工業、ファナック、シマノ)がランクインしており、上位20社のうち13社が製造業であった。

 前回のランキングと比べると、「日揮ホールディングス(前回42位から15位)」と「オムロン(前回39位から19位)」の大幅ランクアップが目立っている。両社は、営業キャッシュフロー増加によって現預金を蓄積し、NetCashが増加。「セブン&アイ・ホールディングス(前回19位から6位)」は、高水準の営業キャッシュフローを維持して現預金を蓄積しつつ、総借入を減少することでNetCashを増加させている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)