【大学受験2021】慶應SFC「夏AO」2次選考せず合格発表

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)は2020年9月1日、「2020 夏 AO」の2次選考を実施せず、最終合格発表のみを行うことを公表した。新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴うもので、合格発表は10月6日に行う。

教育・受験 高校生
慶應義塾大学 総合政策部・環境情報学部パンフレット
  • 慶應義塾大学 総合政策部・環境情報学部パンフレット
  • アドミッションズ・オフィスによる自由応募入試について
 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)は2020年9月1日、「2020 夏 AO」の2次選考を実施せず、最終合格発表のみを行うことを公表した。新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴うもので、合格発表は10月6日に行う。

 慶應義塾大学の総合政策部・環境情報学部のアドミッションズ・オフィスによる自由応募入試「2020夏AO」は、前年度の各学部募集定員100人から150人に増やし(秋AO含む)、8月14日(郵送)に出願を締め切っていた。1次選考の合格発表を9月24日に行い、2次選考の面接を総合政策学部は10月3日、環境情報学部は10月4日に実施する予定だった。

 しかし、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、2次選考を実施しないことに決めた。そのため、9月24日の1次選考の発表は行わず、最終合格発表のみを予定どおり10月6日に行う。

 1次選考免除申請者の最終合否は、書類(資料を含む)と「3分間のプレゼンテーションビデオ」により選考し、総合判定する。今年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、志願者全員に必須資料として「3分間のプレゼンテーションビデオ」を提出することを課していた。

 なお、1次選考免除申請は、総合政策学部・環境情報学部のいずれかの学部で1回限りとしているが、2020夏AOの1次選考免除申請者の判定が不合格だった場合、次回以降の1次選考免除の再申請を1回限り認める。「2020秋AO」のオンライン出願は9月10日~10月14日。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)