空気中の新型コロナウイルス、プラズマクラスターで減少

 シャープは2020年9月7日、長崎大学感染症共同研究拠点の安田二朗教授と南保明日香教授、島根大学医学部の吉山裕規教授と共同で、プラズマクラスター技術が空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」を減少させる効果があることを実証したと発表した。

生活・健康 その他
試験装置イメージ
  • 試験装置イメージ
  • 結果
 シャープは2020年9月7日、長崎大学感染症共同研究拠点の安田二朗教授と南保明日香教授、島根大学医学部の吉山裕規教授と共同で、プラズマクラスター技術が空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」を減少させる効果があることを実証したと発表した。

 「新型コロナウイルス」は、2019年12月に発生が確認された。ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、2020年8月31日時点の感染者数が世界で2,500万人、死者も84万人を超えている。

 シャープは、長崎大学感染症共同研究拠点の安田二朗教授(兼 熱帯医学研究所教授)と南保明日香教授(日本ウイルス学会理事)、島根大学医学部の吉山裕規教授(日本ウイルス学会理事)と共同で、プラズマクラスター技術搭載ウイルス試験装置を作成。感染症研究の世界的権威である長崎大学の協力のもと、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」にプラズマクラスターイオンを約30秒照射することにより、感染性を持つウイルス粒子の数である感染価が90%以上減少することを世界で初めて実証した。

 安田二朗教授は、「プラズマクラスター技術が空気中に浮遊した状態の新型コロナウイルスを不活化することが実証されたことは、一般家庭だけでなく医療機関などの実空間で抗ウイルス効果を発揮する可能性があると期待されます」とコメントしている。

 プラズマクラスター技術とは、プラスイオンとマイナスイオンを同時に空中へ放出し、浮遊する細菌・カビ・ウイルス・アレルゲンなどの表面で瞬間的にプラスイオンとマイナスイオンが結合して酸化力の非常に高いOH(水酸基)ラジカルとなり、化学反応により細菌などの表面のたんぱく質を分解して、その働きを抑制する空気浄化技術のこと。

 シャープはプラズマクラスター技術について、2004年にコロナウイルス科の「ネココロナウイルス」に対する効果を実証、2005年には「新型コロナウイルス」と姉妹関係にある「SARSコロナウイルス(SARS-CoV)」に対する効果も実証しており、今回新たに、空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」に対する効果を実証した。

 2000年から約20年にわたってシャープは、プラズマクラスター技術の効果を世界の第三者試験機関と共同で実証するアカデミックマーケティングを実施しており、これまで多くの第三者試験機関で「新型インフルエンザウイルス」「薬剤耐性細菌」「ダニアレルゲン」などの有害物質の作用抑制や、小児喘息患者の気管炎症レベルの低減効果などの臨床効果を実証。あわせて、プラズマクラスターの安全性についても確認してきた。

 今後も、プラズマクラスター技術によるさまざまな実証を進め、社会に貢献していくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)