秩父鉄道、急行用6000系による「夜行準急」10/17-18

埼玉県の秩父鉄道は9月10日、熊谷~羽生~三峰口間で夜行列車を運行すると発表した。

趣味・娯楽 その他
『夜行準急“奥秩父アルプス”』に使用される6000系。
  • 『夜行準急“奥秩父アルプス”』に使用される6000系。
  • 6000系の車内。一見、回転式のリクライニングシートに見えるが、実はリクライニング機能を残したまま、向きが固定されている。
埼玉県の秩父鉄道は9月10日、熊谷~羽生~三峰口間で夜行列車を運行すると発表した。

『夜行準急“奥秩父アルプス”』と題したこの列車は、急行用の6000系を使用して10月17日夜から翌18日早朝にかけて運行される。

時刻は、熊谷23時55分頃発~羽生0時15分頃着・0時45分頃発~三峰口2時30分頃着・3時40分頃発~熊谷5時50分頃着。

乗車には事前の申込みが必要で、中学生以上を対象に52人を募集。旅行代金はボックスシートの4席を占有する場合1万5000円、一方向きの2席を占有する場合1万2000円。座席や車両の指定はできない。

申込みは9月14日12時から秩父鉄道の応募専用メールアドレスで受け付ける。締切は9月18日17時。

秩父鉄道に夜行列車…急行用6000系による「夜行準急」 10月17-18日

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)