学童保育施設向け連絡帳アプリ「Smile-3」モニター募集

 ウィライツは2020年9月14日、学童保育施設のアナログ業務を省力化し、保育や教育の質を高めることを目的とした連絡帳・入退室管理システム「Smile-3(スマイルスリー)」の提供を開始した。あわせて、9月16日から11月20日まで実証実験モニターを募集する。

教育業界ニュース 教材・サービス
Smile-3 利用イメージ
  • Smile-3 利用イメージ
 ウィライツは2020年9月14日、放課後児童クラブなどの学童保育施設のアナログ業務を省力化し、保育や教育の質を高めることを目的とした連絡帳・入退室管理システム「Smile-3(スマイルスリー)」の提供を開始した。あわせて、9月16日から11月20日まで実証実験モニターを募集する。

 Smile-3は、保護者と支援員をつなぐコミュニケーションアプリサービスと、子どもの入退室時刻や保護者へのお知らせを一斉に配信できるクラウドサービスを1つにしたシステム。学童保育の需要が高まり、利用者が増える中、保護者からのアナログ連絡では抜け漏れが生じやすく、支援員の業務負担が増え「ひとりひとりの子どもに目が行き届かない」という状況を改善するべく、現場の業務効率化を目的とした管理システム「Smile-3」を開発。保護者と支援員とのコミュニケーションが滞りなく円滑になることで、子どもの安全が守られ、子ども・保護者・支援員の3者の笑顔をつくりたいとの思いから「Smile-3」と名付けた。

リシードで全文を読む
《畑山望》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)