私大連盟「対面授業再開」「授業料等」に関する見解を公表

 日本私立大学連盟は2020年9月17日、私立大学の「対面授業再開」と「授業料等」に関する見解を公表。私立大学に対する社会からの理解を得ることを目的に、コロナウイルス感染症の対応に係る課題や実情を広く共有し、授業料などに関する考えを公表した。

教育業界ニュース その他
私立大学の「対面授業再開」と「授業料等」に関する見解を公表
  • 私立大学の「対面授業再開」と「授業料等」に関する見解を公表
 日本私立大学連盟は2020年9月17日、私立大学の「対面授業再開」と「授業料等」に関する見解を公表。私立大学に対する社会からの理解を得ることを目的に、コロナウイルス感染症の対応に係る課題や実情を広く共有し、授業料などに関する考えを公表した。

 文部科学省が9月15日に発表した「大学等における後期等の授業の実施方針等に関する調査」では、後期授業はほぼすべての大学が対面授業を実施するとの結果が示された。大学は中・高等学校とは異なり、キャンパスに何千人という18歳から22歳を中心とする若者が集まり、クラスターが発生しやすい環境にある。教室(授業)を管理できたとしても、教室以外でのキャンパス内(体育館、グラウンド、学生会館、図書館、食堂、ラウンジ等)の行動、長時間をかけてバス・電車などを乗り継ぐ通学、課外活動など行動範囲の広い若者たちの活動を管理することが極めて難しいのが大学である。

リシードで全文を読む
《田中志実》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)