竹中平蔵氏監修「未来をつくる」学習プロジェクトスタート…参加登録11/30まで

 世界110か国以上で海外留学、語学教育、学習研究、文化交流、教育旅行事業を展開するイー・エフ・エデュケーション・ファースト(以下EF)は、課題解決型の海外学習プロジェクト「日本の未来の作り方、あなたの未来の作り方」を立ち上げる。

教育・受験 大学生
竹中平蔵氏と現地アドバイザー
  • 竹中平蔵氏と現地アドバイザー
  • 「日本の未来の作り方、あなたの未来の作り方」
 国際教育のリーディングカンパニーのエデュケーションファースト(以下、EF)と経済学者・竹中平蔵氏が、海外のハイテク企業や投資、ベンチャーキャピタルなどの分野で活躍するグローバルリーダーを招聘して立ち上げた課題解決型の海外学習プロジェクト「日本の未来の作り方、あなたの未来の作り方」の募集がスタートした。

日本の未来の社会を担う
リーダーを育成する



 この海外学習プロジェクト「日本の未来の作り方、あなたの未来の作り方」では、2020年11月30日までの間、未来社会のリーダーとしてグローバルに活躍したい、社会制度や政策作りに携わることを目指したいという、18歳から24歳までの若者約30名を募集する。

 プロジェクトのアドバイザー兼研修主幹は、慶應義塾大学名誉教授で東洋大学教授でもある竹中平蔵氏。竹中氏はプロジェクト実施にあたり、「大学で教えていて常々感じることは、先生がいくら一生懸命教えても肝心の学生にその気がなければ耳を素通りするだけ。学生自身が知りたいと思うことが大切です。今回のプロジェクトの大きな目的のひとつは『世界は面白いぞ、日本は素敵で面白いけど、色々な問題もあるぞ』と広い世界の物事に感心をもってもらうことです」と語っている。



 選考されたメンバーはまず事前研修として2021年3月中旬に、竹中氏による社会情勢や世界基準のリーダーシップについての座学を受講。ニューノーマル、教育改革、地方創生、環境問題、貧困、SDGsなど世界的な共通課題についての理解を深め、取り組むタスクテーマをグループごとに選定する。

 その後2021年4月から10月までの6か月間、世界4都市で実施される語学研修とグループタスクプロジェクトに取り組む海外研修に送り出され、海外研修が行われる。海外研修では、竹中氏の掛け声のもと特別招聘された、米ハイテク企業やシンガポール発ベンチャーキャピタル、ニューヨークやロンドンで金融業の第一線で活躍するビジネスプロフェショナルが現地アドバイザーとしてグループタスクの指導にあたるほか、竹中平蔵氏をはじめ複数のメンターも付き、研修生をサポートする。

「日本の未来の作り方、あなたの未来の作り方」
「日本の未来の作り方、あなたの未来の作り方」

 研修期間中は世界共通言語の英語をしっかりと身に付けるため、語学集中学習が行われる。現地でのイマ―ジョン学習体験を通じて多様な文化体験や価値観、異文化理解力を習得し、それらの経験をもとに実際のビジネス課題や社会問題に向き合うことで、リーダーシップや問題解決スキル、ソフトスキルの獲得を目指すという。

 帰国後の2021年12月には「帰国後研修」が行われ、海外でのフィールドワークを踏まえ、実際の政策提言をまとめ、関係団体や省庁への提言提出を行う。

 参加費用は190万円(税込み)。この費用の中にはプロジェクト参加、語学プログラム、宿泊費は含まれるが、渡航費、海外旅行保険、ビザ取得などにかかる経費は含まれない。応募・選考のスケジュールは、2020年11月までに特設サイトにエントリーし、その後、隔週開催される説明会に参加ののち語学力判定テストを受験。12月にミッションステートメントに対する自己PR動画を提出し、2021年1月に最終選考を迎える。2月には選考結果が通知される予定だという。

 なお、選考基準・受講者選考の基準は、課題解決型グループタスク参加可能な英語力を持つことで、CEFR B1~2レベル程度を想定。また、本プロジェクトのミッションステートメントに対する熱意や、グループタスク参加に十分なコミュニケーション力、多様性や文化適応力、学習習熟度などで判断される。

詳細・申込はこちら
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)