ラック「情報リテラシー啓発のための羅針盤 情報活用編」公開

 ラックは2020年10月7日、ICTや情報メディアを活用するために必要な知識をまとめた「情報リテラシー啓発のための羅針盤(コンパス)情報活用編」を公開した。Webサイトから誰でも無料でダウンロードできる。

教育業界ニュース 教育ICT
「情報活用編」と「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の関係
  • 「情報活用編」と「情報リテラシー啓発のための羅針盤」の関係
 ラックは2020年10月7日、ICTや情報メディアを活用するために必要な知識をまとめた「情報リテラシー啓発のための羅針盤(コンパス)情報活用編」を公開した。Webサイトから誰でも無料でダウンロードできる。

 2020年度より小学校・中学校・高校と新学習指導要領が全面施行される中、情報モラルを含む「情報活用能力」は言語能力と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と新たに位置付けられている。また、各学校におけるICT環境整備と、適切に活用した学習活動の充実を図ることが明記されている。今後、学校や社会、家庭において、これまで以上にデジタル技術を適切に活用する「情報リテラシー」を身に付ける必要性が高まることから、ラックは「情報リテラシー啓発のための羅針盤(コンパス)情報活用編」を制作。情報リテラシーを啓発・教育する講師やファシリテーター、先生、保護者など、情報リテラシーについて主体的に学びたい人たちに広く活用してもらうことを想定している。

リシードで全文を読む
《畑山望》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)