Society5.0に向けた初等中等教育改革…経団連が第二次提言

 日本経済団体連合会(経団連)は2020年11月17日、「Society5.0に向けて求められる初等中等教育改革第二次提言」を公表した。ダイバーシティ&インクルージョンの実現など、Society5.0に向けて求められる初等中等教育改革に関する考え方をまとめている。

教育業界ニュース 教育ICT
第二次提言の概要
  • 第二次提言の概要
 日本経済団体連合会(経団連)は2020年11月17日、「Society5.0に向けて求められる初等中等教育改革第二次提言」を公表した。ダイバーシティ&インクルージョンの実現など、Society5.0に向けて求められる初等中等教育改革に関する考え方をまとめている。

 経団連では、withコロナ時代に求められる初等中等教育の取組みとして「Society5.0に向けて求められる初等中等教育改革第一次提言」を7月に公表している。現在、検討が進んでいる中央教育審議会における新しい時代の初等中等教育の検討項目には、第一次提言に盛り込まれなかった課題も数多く含まれることから、第二次提言を取りまとめ、Society5.0に向けて求められる初等中等教育改革に関する考え方を提示した。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)