都立高校教諭がSDカードを紛失、個人情報4,697人分を保存

 東京都教育委員会は2020年11月19日、都立鷺宮高校の男性主任教諭が個人情報4,697名分を紛失する事故が発生したことを公表した。教育委員会と学校は、在校生に対して説明と謝罪をしたうえで、臨時保護者会を開催。卒業生に対しても臨時説明会を行う。

教育・受験 その他
東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会
 東京都教育委員会は2020年11月19日、都立鷺宮高校の男性主任教諭が個人情報4,697名分を紛失する事故が発生したことを公表した。教育委員会と学校は、在校生に対して説明と謝罪をしたうえで、臨時保護者会を開催。卒業生に対しても臨時説明会を行う。

 紛失したのは、男性主任教諭が勤務する都立鷺宮高校と前任校である都立日野高校の入学者選抜に関する個人情報4,697人分。鷺宮高校において、学校が認証している外付けハードディスクなどに保存して鍵のかかる場所に保管すべき入学者選抜に関するデータを、無断でSDカードに複写保存して当該主任教諭が自ら管理していたが、2020年10月25日にデータを保存していたSDカードを紛失したことに気が付いた。

リシードで全文を読む
《外岡紘代》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)