ICT活用の実践研究校を助成、応募は1/15午後5時まで

 パナソニック教育財団は2020年11月5日、2021年度実践研究助成の応募受付を開始。助成対象は、新しい時代に向けた教育現場の授業改善、課題解決となるICT活用の実践研究。1年間で50万円を助成する「一般」と、2年間で150万円を助成する「特別研究指定校」の2種類がある。

教育ICT 先生
 パナソニック教育財団は2020年11月5日、2021年度(第47回)実践研究助成の応募受付を開始。助成対象は、新しい時代に向けた教育現場の授業改善、課題解決となるICT活用の実践研究。1年間で50万円を助成する「一般」と、2年間で150万円を助成する「特別研究指定校」の2種類がある。

 文部科学省のGIGAスクール構想により、2020年度中に児童生徒1人1台のICT環境が小中学校に整備され、高等学校や特別支援学校にはネットワーク環境が整備される。パナソニック教育財団では、ICTを効果的に活用し、学校現場の教育課題の改善のために学校や教育委員会が主体的に取り組む実践研究を募集する。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)