栄光、通塾&オンラインの新コース「atama+ビザビ」新設

 栄光とatama plusは、AI先生「atama+(アタマプラス)」を活用し、通塾授業とオンライン授業を組み合わせた新コース「atama+ビザビ」を新設。2021年3月より、首都圏の「栄光の個別ビザビ」204校で提供を開始する。

教育・受験 中学生
atama+を使った授業風景
  • atama+を使った授業風景
  • atama+ビザビ 受講スケジュール例
 栄光とatama plusは、AI先生「atama+(アタマプラス)」を活用し、通塾授業とオンライン授業を組み合わせた新コース「atama+ビザビ」を新設。2021年3月より、首都圏の「栄光の個別ビザビ」204校で提供を開始する。

 atama plusは、生徒の目標や苦手などのデータから、生徒ひとりひとりに「自分専用カリキュラム」を作成する「atama+」を2017年より提供しており、全国の塾・予備校2,000教室以上に導入されている。栄光が運営する個別指導専門の学習塾「栄光の個別ビザビ」では、2020年度より135校にて導入し、「栄光の講師によるコーチング」と「atama+によるティーチング」を組み合わせた個別指導を行ってきた。

 この度、新設する「atama+ビザビ」は、生徒ひとりひとりに必要な学習量を確保し、学力向上に貢献するため、これまでの通塾型の授業はそのままに、自宅でもオンラインでatama+の授業を必要なだけ受講できるコース。通塾の負担軽減や感染症回避といったオンライン授業の良さを生かしながら、生徒の目標達成を実現する。

 新コースでは、1科目あたり週1回の通塾授業で、講師が生徒と一緒に学習目標を決め、1週間の学習プランを作成。生徒は学習プランに沿って、自宅で必要な分だけatama+で学習を進める。講師は、生徒の自宅での学習状況や進捗などのデータを、講師向けプロダクト「atama+COACH」で確認し、学習プランの立て直しや学習方法の指導といったコーチングを行う。

 atama+の利用時間に関わらず、受講費は教科ごとに定額。2021年3月より、栄光の個別ビザビ全241校のうち東京・神奈川・千葉・埼玉の204校で提供を開始する。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top