母親が希望するオンライン講座、1位は算数と英語

 母親が開催を希望する未就学児・小学生向けオンライン講座は、「算数」と「英語」が同率1位であることが、アイドマ・ホールディングスの調査結果より明らかになった。

教育・受験 小学生
未就学児・小学生対象「無料オンライン講座」に関するアンケート
  • 未就学児・小学生対象「無料オンライン講座」に関するアンケート
  • オンラインdeキッズスクール「英語 de あそぼう」
 母親が開催を希望する未就学児・小学生向けオンライン講座は、「算数」と「英語」が同率1位であることが、アイドマ・ホールディングスの調査結果より明らかになった。

 調査は、同社が運営する在宅ワーク特化型求人サイト「ママワークス」で提供している子ども向け無料オンライン講座「オンラインdeキッズスクール」についてアンケートを行った。ママワークス会員を対象にメールで実施し、307人から802件の回答を得た(複数回答あり)。

 今後、開催してほしい未就学児・小学生向けオンライン講座は、1位「算数(図形、数の基本概念が学べる算数)」「オールイングリッシュの英語レッスン」それぞれ136件、3位「ダンス・リトミック」129件、4位「工作」114件、5位「体操」88件、6位「保護者向け 子育てに役立つ単発セミナー」84件、7位「保護者向け NO CODE(コーディングなしの)プログラミング講座」83件、その他は32件だった。

 「オンラインdeキッズスクール」は、ママワークス会員を対象に実施したアンケート結果で要望の多かった内容をもとに、さまざまなオンライン講座を通じてママワークス会員とそのお子様の豊かなおうち時間作りを支援するべく、CSR活動の一環として2020年8月より完全無料でスタートしたリアルタイム双方向型のオンライン講座。

 母親たちの声を参考に、あそびながら英語が話せる「英語 de あそぼう」や、手を動かして身に付く体験型算数「算数クラフト」、子どもの五感とこころを育てる「こども料理教室」、やってみたいをかたちに「おうちdeプログラミング」、楽しみながらカラダもココロも元気になる「からだをうごかそう」などの講座を開講した。

 在宅で働く母親たちにも安心して仕事の時間を確保してもらい、さらに母親たちの講師経験やスキルを生かしたコンテンツを増やすことにより、ママワーカーの雇用機会創出にも繋げていきたいとしている。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top