School Kizoo、オリジナルのクロスリーダー罫など新アイテム

 日本ノートは2020年12月10日より、アピカブランドの「School Kizoo(スクールキッズ)」においてオリジナル新罫のクロスリーダー罫を採用したアイテムなど計8種類を順次販売している。ハーフサイズの学習帳は、パソコンやタブレット端末と一緒に机に並べても使いやすい。

教育・受験 小学生
School Kizoo
  • School Kizoo
  • クロスリーダー罫
  • クロスリーダー ラインアップ
  • ハーフサイズ ラインアップ
  • A4ワイドサイズ ラインアップ
  • 連絡帳 ラインアップ
 日本ノートは2020年12月10日より、アピカブランドの「School Kizoo(スクールキッズ)」においてオリジナル新罫のクロスリーダー罫を採用したアイテムなど計8種類を順次販売している。ハーフサイズの学習帳は、パソコンやタブレット端末と一緒に机に並べても使いやすい。

 クロスリーダー罫は、方眼罫やマスに慣れ親しんだ児童たちが、スムーズに横罫に移行できるように開発されたオリジナル新罫。記入の目安となるタテヨコのガイドがあり、自由に文字を記入するだけでなく、ガイドにあわせて図や表を書いたり、段落を整えて書いたりすることもできる。文章と図形を組み合わせて書くことが多い「理科」「社会」のほか、自宅での学習に最適な「自主勉強」の3アイテムを発売する。

 ハーフサイズの学習帳は、一般的な学習帳の半分サイズ。パソコンやタブレット端末を使用する際にも、教科書や副教材と一緒に机に並べて使いやすいサイズになっている。新学習指導要領に対応しており、考えをまとめたりフローを書いたりしやすい「原稿罫」と「白無地」が発売される。

 A4ワイドサイズは、A4サイズのプリントを切らずにそのまま貼ることができる。新アイテムの「理科」「社会」はプリントを使用する学習が多いため、より効率的に学習を進めることができる。

 さらに、長年リクエストの多かった高学年向けの連絡帳も発売。14行となり、高学年になってもSchool Kizooでそろえて使える充実のラインアップになったという。

 School Kizooの学習帳は、傷がつきにくく汚れにくい表面加工が施されている。堅牢な糸綴じ製本で、王子製紙と共同で開発した「古紙パルプ配合率100%」の筆記用中性再生紙を本文に使用。罫線色には、本文に再生紙を使用した場合に子どもたちがもっとも書きやすいとされる若草色を採用している。

◆アピカ学習帳 School Kizoo(スクールキッズ)
【A4ワイド判】
サイズ:W226mm×H307mm
罫内容:理科・社会/5mm方眼罫(10mm実線入り)20×27
枚数:26枚
希望小売価格:286円(税込)

【セミB5判(学用3号)】
サイズ:W179mm×H252mm
罫内容:理科・社会/10mmヨコ罫 22行 クロスリーダー入り、自主勉強/10mmヨコ罫 21行 クロスリーダー入り、連絡帳/14行 10mmタテ書き
枚数:30枚
希望小売価格:209円(税込)

【ハーフサイズ】
サイズ:W179mm×H126mm
罫内容:原稿罫/100字 10mmマス 10×10、白無地/無地
枚数:30枚
希望小売価格:143円(税込)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top