atama plus×立命館、新しい高大接続の実証開始

 atama plusと立命館は2020年12月22日、AIや学習データなどを活用した高大接続、入試企画の検討に関わる連携協定を締結。新しい高大接続と入試の在り方を考える共同研究会を設立し、2021年1月より附属校でAI先生「atama+」を活用した新しい高大接続の実証を開始する。

教育・受験 高校生
左から立命館常務理事の山下氏、立命館理事長の森島氏、atama plus代表取締役の稲田氏、atama plusの滝沢氏
  • 左から立命館常務理事の山下氏、立命館理事長の森島氏、atama plus代表取締役の稲田氏、atama plusの滝沢氏
 atama plusと立命館は2020年12月22日、AIや学習データなどを活用した高大接続、入試企画の検討に関わる連携協定を締結。新しい高大接続と入試の在り方を考える共同研究会を設立し、2021年1月より附属校でAI先生「atama+」を活用した新しい高大接続の実証を開始する。

 atama plusは、生徒ひとりひとりに「自分専用カリキュラム」を作成するAI先生「atama+」を、全国の塾・予備校2,000教室以上に提供しているEdTechスタートアップ企業。立命館は、立命館大学など2つの大学、4つの中学・高校、1つの小学校を運営し、約5万人の児童・生徒・学生を擁する総合学園。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top