【大学入学共通テスト2021】北海道稚内市、雪で試験中止…会場1日まるごと再試験は史上初

 北海道稚内市にある稚内北星学園大学は2021年1月16日、2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト1日目について、雪による悪天候のため中止すると発表した。再試験は1月30日。1日まるごと再試験になるのは初めて。

教育・受験 高校生
稚内北星学園大学
  • 稚内北星学園大学
  • 大学入学共通テストの北海道大学試験場のようす
  • 大学入試センター
 北海道稚内市にある稚内北星学園大学は2021年1月16日、2021年度(令和3年度)大学入学共通テスト(以下、共通テスト)1日目について、雪による悪天候のため中止すると発表した。再試験は1月30日。1日まるごと再試験になるのは共通一次試験、大学入試センター試験を通じて初めてという。

 稚内北星学園大学では、1月16日に予定していた共通テスト1日目を悪天候のため、中止した。1月30日に同大学で再試験を実施する。大学Webサイトでは「受験生への不利益はありませんので、ご安心ください」と説明している。1月16日は、バス・タクシーの公共交通機関がすべて運休になっている。1月17日の試験は通常どおり実施予定だが、天候により中止の可能性があるという。

 稚内市がある北海道宗谷地方には、暴風雪警報が発令されており、1月16日夕方まで暴風雪への警戒が必要な状況にある。

 大学入試センターによると、試験会場で1日まるごと再試験になるのは共通1次が始まって以来、センター試験も含め、史上初だという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top