東京大学ら、音楽科学の意義と展望3/9オンライン

 東京大学 進化認知科学研究センター、新学術領域「共創言語進化」、MS目標検討「MS音楽感動共創」プロジェクトチームは2021年3月9日、合同学術シンポジウム「音楽科学の意義と展望」をオンラインで開催する。参加費は無料。参加申込はWebサイトにて受け付けている。

教育イベント 大学生
ECS×Evolang×MS Music 音楽科学の意義と展望
  • ECS×Evolang×MS Music 音楽科学の意義と展望
  • スケジュール
 東京大学 進化認知科学研究センター、新学術領域「共創言語進化」、MS目標検討「MS音楽感動共創」プロジェクトチームは2021年3月9日、合同学術シンポジウム「音楽科学の意義と展望」をオンラインで開催する。参加費は無料。参加申込はWebサイトにて受け付けている。

 シンポジウムは、東京大学こころの多様性と適応の統合的研究機構(UTIDAHM)と東京大学人間行動科学研究拠点(CiSHuB)の共催により開催される。音楽と科学の関わりあいをテーマとして、音楽が内包する構造や情報処理、音楽がもつ効果と医療応用、そしてその生物学的な基盤と起源について講演する。

 パネルディスカッションでは、音楽の科学研究の全体を見渡し、今後の展望について議論する。今回は、「MS音楽」より世界で活躍している指揮者・舞台演出家の西本智実氏の出演が決定。作曲学的アナリーゼ(楽曲分析)を公開し、議論にも参加する。

◆合同学術シンポジウム「音楽科学の意義と展望」
日時:2021年3月9日(火)13:30~18:00
対象:社会人・一般、在学生、受験生、留学生、卒業生、企業、小学生、中学生、高校生、大学生、教職員
会場:オンライン配信(事前登録が必要)
定員:450名
参加費:無料
申込方法:Webサイトの申込フォームにて受け付けている
申込受付期間:2021年3月1日(月)~3月7日(日)
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top