英語の語彙を多く習得する学習とは…CLIL授業の効果

 ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(IBS)は、CLIL(内容言語統合型学習)授業に参加した子どもは、従来のEFL(外国語としての英語)授業に参加した子どもより、第二言語(英語)の理解語彙数が多いとする研究に関する記事をWebサイトに公開した。

教育業界ニュース 英語・語学
ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所
  • ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所
 ワールド・ファミリー バイリンガル サイエンス研究所(IBS)は、CLIL(内容言語統合型学習)授業に参加した子どもは、従来のEFL(外国語としての英語)授業に参加した子どもより、第二言語(英語)の理解語彙数が多いとする研究に関する記事をWebサイトに公開した。子どもたちがより多くの語彙を習得する学習の条件などをまとめている。

 日本では多くの学校で、すべての教科を日本語で学び、英語の授業のときだけ英語を学ぶ、EFL(English as a Foreign Language/外国語としての英語)を採用。コミュニケーション能力を身に付けることを目標とし、日常的な英語表現を学ぶことに重点が置かれている。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top