甲子園歴史館、VR体感コーナーに新映像が登場

 阪神電気鉄道が運営する甲子園歴史館のVR体感コーナーに2021年5月25日、新映像が登場した。第93回選抜高等学校野球大会決勝戦VR「東海大相模VS明豊」を、臨場感あふれる映像で楽しめる。

趣味・娯楽 その他
グラウンドレベルから見た決勝戦の印象的なシーンを臨場感あふれる映像で楽しめる(画像はイメージ)
  • グラウンドレベルから見た決勝戦の印象的なシーンを臨場感あふれる映像で楽しめる(画像はイメージ)
  • 甲子園歴史館
 阪神電気鉄道が運営する甲子園歴史館のVR体感コーナーに2021年5月25日、新映像が登場した。第93回選抜高等学校野球大会決勝戦VR「東海大相模VS明豊」を、臨場感あふれる映像で楽しめる。

 甲子園歴史館は2017年より、阪神甲子園球場のさまざまな一面を圧倒的な臨場感で体感できる「VR(バーチャル・リアリティ)映像」を導入している。VR映像は、あらかじめ専用のカメラで撮影した映像を専用の映像再生装置を装着することで、まるでその場にいるような圧倒的な臨場感を体感しながら視聴できる。

 新映像として登場したのは、4月1日に行われた第93回選抜高等学校野球大会決勝戦VR「東海大相模VS明豊」の試合。グラウンドレベルから見た決勝戦の印象的なシーンを、まるでその場にいるかのような臨場感あふれる映像で楽しめる。

 VRコーナーには3台の端末が設置されており、スタッフの案内により専用の映像再生端末をセットすると視聴できる。利用料金は入館料に含まれる。

 VRコーナーではこのほか、「プロ野球リリーフカー体感VR」「プロ野球グラウンド整備カー体感VR」「夏の高校野球 第100回記念大会開会式VR&決勝戦VR」「プロ野球ライトスタンドVR」「2020年甲子園高校野球交流試合VR」「藤川球児引退試合VR」も視聴できる。

◆甲子園歴史館
営業時間:10:00~18:00
※入館は閉館時間の30分前まで
※催物の開催等により変更する場合がある
休館日:月曜日(試合開催日、祝日を除く)
※その他、館内メンテナンス等による閉館の場合がある
入館料:大人600円、子供300円(いずれも税込)
場所:阪神甲子園球場外周16号門横
※2021年9月6日(月)~2022年3月ごろ、移転準備のため全館休館を予定している
※休館期間中の阪神甲子園球場スタジアムツアーの開催予定は未定。詳細が決まり次第、あらためて案内する
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top