解体される車両工場の登録有形文化財を巡るツアー7/10-11

JR四国は6月7日、多度津工場(香川県多度津町)内の登録有形文化財などを巡る特別ツアーを7月10・11日に実施すると発表した。

趣味・娯楽 その他
特別公開される多度津工場の登録有形文化財群。いずれも2012年8月に指定された。
  • 特別公開される多度津工場の登録有形文化財群。いずれも2012年8月に指定された。
  • 設備が大幅に更新されることになった多度津工場。130年以上の歴史を誇るが老朽化が目立っていた。
JR四国は6月7日、多度津工場(香川県多度津町)内の登録有形文化財などを巡る特別ツアーを7月10・11日に実施すると発表した。

同工場内には明治時代の1888年に建築された「職場15号」と呼ばれる作業場をはじめ、7棟もの登録有形文化財が残っているが、工場の大規模設備更新に伴ない取壊しが予定されている。

多度津駅発着で行なわれる今回のツアーは、産業遺産学会の案内人と巡るもので、各日25人を募集する。旅行代金は5800円で、申込みはJR四国旅の予約センターで受け付けている。

多度津工場は、丸亀~多度津~琴平間の前身である讃岐鉄道が1889年に設けたもので、四国唯一の鉄道車両工場として130年以上の歴史を持つが、近年は設備の老朽化が著しく、2018年2月には正門脇にあった築70年の「本場」と呼ばれる木造事務所が解体されている。

工場の大規模修繕は2021年3月に国からの支援継続決定を受けて計画され、保存されていた準鉄道記念物の2軸古典客車「ロ481号」が4月に高知県佐川町へ移設されている。

解体される車両工場の登録有形文化財を巡るツアー…JR四国多度津工場が大規模設備更新へ

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top