災害に役立つ「防災ハンドメイド」発売、自由研究にも

 KADOKAWAは2021年6月16日、国際レスキューナース・辻直美さんによる新刊「100均グッズで作れちゃう!保存版 防災ハンドメイド」を発売した。災害時に役立つ工作39作品を紹介しており、夏休みの自由研究にも役立てることができる。定価は1,300円(税別)。

生活・健康 小学生
 KADOKAWAは2021年6月16日、テレビや講演会で活躍する国際レスキューナース・辻直美さんによる新刊「100均グッズで作れちゃう!保存版 防災ハンドメイド」を発売した。災害時に役立つ工作39作品を紹介しており、夏休みの自由研究にも役立てることができる。定価は1,300円(税別)。

 日本では、地震や大雨・台風による水害が年々増えている。特に6月以降の雨期は、大雨による土砂災害が発生しており、いつどこの地域で発生してもおかしくない状態にある。また、2021年2月には東北地方で再び大きな地震が発生。あらためて危機管理の意識を強くもち、普段の生活の中で災害に備えた準備をしておくことが大切になる。

 「100均グッズで作れちゃう!保存版 防災ハンドメイド」は、国際災害レスキューナースとして、東日本大震災や広島土砂災害、熊本地震等で災害支援活動を行ってきた辻直美さんが、災害時に役立つ工作39作品を紹介するハンドメイド本。

 ポイントは、「楽しく作れる」「材料が手軽」「災害時の知識が身に付く」の3点。そろえるのが大変でつまずくことがないよう、ペットボトルや段ボール、タオル、新聞紙等、家にあるものから、100円ショップでそろえられるものまで身近な材料を活用。水害で避難する際に一番大変とされる靴は新聞紙で代用する「新聞靴」、電気が止まって寒いときに役立つ「あったかくじら」は湯たんぽやこたつで代用する等、災害時に役立つ防災グッズや代用品作りが経験できる。

 また、命綱として使える「パラコードブレス」、気分転換にぴったりな「手作りバスボム」といった作って楽しく、知っていればどこかで役立つアイデアも豊富に収録。小中学生の夏休みの自由研究にピッタリな手作り作品にも挑戦できる1冊となっている。定価は1,300円(税別)。

◆100均グッズで作れちゃう!保存版 防災ハンドメイド
発売日:2021年6月16日(水)
※電子書籍同時配信予定
著者:辻直美
定価:1,300円(税別)
判型:A5判
ページ数:136ページ
ISBN:9784041114155
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top