文科省、留学予定者に対するワクチン接種会場一覧…更新情報

 文部科学省は2021年7月9日、留学予定者ワクチン接種支援事業接種会場一覧を更新し、最新の情報をWebサイトに公開した。新たに、東京大学や岡山大学が接種を開始した。すでに受付を終了した会場もあり、詳細はWebサイトで確認できる。

生活・健康 大学生
 文部科学省は2021年7月9日、留学予定者ワクチン接種支援事業接種会場一覧を更新し、最新の情報をWebサイトに公開した。新たに、東京大学や岡山大学が接種を開始した。すでに受付を終了した会場もあり、詳細はWebサイトで確認できる。

 文部科学省は、渡航を控える留学予定者が、ワクチン接種を理由に留学を断念し、貴重なチャンスを失うことがないよう、渡航先でワクチン接種が必要とされている海外留学予定者に対して、大学拠点接種の枠組みの中で接種を受けられるよう支援する仕組みを構築。今秋留学予定の学生まで対象を広げ、申請を受け付けている。

 対象となるのは、2021年10月末までに渡航する必要があり、渡航先でワクチン接種が必須または強く求められているといった条件をすべて満たす18歳以上の留学予定者。使用するワクチンが武田/モデルナ社製のワクチンで、対象が18歳以上とされていることから、現時点では18歳未満の高等学校段階での留学希望者は対象とならない。

 7月9日午後4時時点の接種会場一覧更新情報によると、新たに岡山大学が予約受付を開始。新たに接種を開始したのは東京大学で、岡山大学は7月9日に接種開始、岐阜大学は7月12日に予約受付・接種開始となっている。接種開始日が確定しており、今後開始となるのは北海道大学と大手前大学。予約受付および接種開始が調整中となっているのは秋田大学のみ。

 東京医科歯科大学や近畿大学等、20大学ではすでに予約・接種ともに受付を終了している。自治体や所属大学等でより早く接種を受けられる場合もあるため、確認のうえ、接種希望者は早めの申請をお勧めする。接種会場一覧等、詳細は文部科学省のWebサイトで確認できる。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top