2月上演オペラ「愛の妙薬」に18歳以下の子供692名無料招待

 文化庁は2021年8月20日、子供文化芸術活動支援事業として2022年2月上演予定の新国立劇場オペラ「愛の妙薬」に抽選で小学生以上18歳以下の子供692名を無料で招待すると発表した。申込みは9月19日まで。

趣味・娯楽 小学生
子供文化芸術活動支援事業
  • 子供文化芸術活動支援事業
  • オペラ「愛の妙薬」2018年公演より(写真:寺司正彦氏)
  • オペラ「愛の妙薬」2018年公演より(写真:寺司正彦氏)
  • 新国立劇場
 文化庁は2021年8月20日、子供文化芸術活動支援事業として2022年2月上演予定の新国立劇場オペラ「愛の妙薬」に抽選で小学生以上18歳以下の子供692名を無料で招待すると発表した。申込みは9月19日まで。

 子供文化芸術活動支援事業(劇場・音楽堂等の子供鑑賞体験支援事業)は、新型コロナウイルス感染症の影響下において、劇場・音楽堂等で子供が文化芸術の鑑賞や体験をする機会が多く失われている状況に鑑み、劇場・音楽堂等で行われる実演芸術を18歳以下の子供が無料で鑑賞できる取組みを支援するもの。

 事業の一環として2022年2月に上演予定の新国立劇場オペラ「愛の妙薬」の1公演あたり173席、合計692席に、18歳以下の子供を招待する。

 オペラ「愛の妙薬」は、主人公の純朴で不器用な青年ネモリーノが、村一番の美人のアディーナに思いを寄せ、彼女を振り向かせるために奮闘する傑作ラブコメディ。「高校生のためのオペラ鑑賞教室」でもたびたび上演され、カラフルで美しい舞台でオペラデビューにお勧めの作品だという。

 申込みは9月19日まで。子供無料席を申し込む際、付き添いの大人のチケット購入も同時に申込みが可能。(大人のチケットはS席2万4,200円/A席1万9,800円/B席1万3,200円/C席7,700円/D席4,400円)。

 スタッフやキャスト、あらすじの詳細等の確認や子供文化芸術活動支援事業への申込みはWebサイトにて行うことができる。

◆新国立劇場2021/2022シーズンオペラ「愛の妙薬」
日時:
・2022年2月7日(月)19:00
・2022年2月9日(水)14:00
・2022年2月11日(金・祝)14:00
・2022年2月13日(日)14:00
会場:新国立劇場(東京都渋谷区本町1-1-1)
対象:小学生以上18歳以下
定員:1公演あたり173席(合計692席)※S席103席/A席20席/B席20席/C席20席/D席10席
参加費:無料
申込方法:Webサイトにて申し込む
《鈴木あさり》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top