3か国共同開催「チューブロックワールドカップ」作品募集

 エデュテは知育ブロック玩具「チューブロック」の作品制作を競う「第2回チューブロックワールドカップ」を日本・アメリカ・香港の3か国で共同開催する。各国の作品エントリー期間は2021年10月20日から2022年1月21日まで。

趣味・娯楽 未就学児
第2回チューブロックワールドカップ
  • 第2回チューブロックワールドカップ
  • 募集部門と受賞特典
  • チューブロック
  • チューブロック
  • 【前回大会】幼児部門グランプリ:長歩睦さん(日本)「海の中にいる生物」
  • 【前回大会】小学生部門グランプリ:Lai Sin Heiさん(香港)「Football match」
  • 【前回大会】大人部門グランプリ:菅原千明さん(日本)「タコイカバトル」
  • 審査員:プリスター社・PPRISCILLA HUI氏(香港)
 エデュテは知育ブロック玩具「チューブロック」の作品制作を競う「第2回チューブロックワールドカップ」を日本・アメリカ・香港の3か国で共同開催する。各国の作品エントリー期間は2021年10月20日から2022年1月21日まで。

 「チューブロック」はエデュテが提供するプログラミング思考を養う知育ブロック玩具。日本の配管資材メーカーと高度な技術をもつプラスチック製造工場がタッグを組んで開発したチューブ型ブロックで、忠実に再現された配管と同じ構造をもつブロックをつなげることで曲線を生かした生き物や建物等、さまざまな造形物を作り出すことができる。

 「第2回チューブロックワールドカップ」は、初心者から上級者まで誰でも作品を応募できるチューブロック作品コンテスト。チューブロックを購入して作成したオリジナル作品を「#tublocwc」のハッシュタグをつけてInstagram・Twitterで投稿し、ワールドカップ特設サイトから応募するとエントリー完了となる。

 開催部門は、幼児部門(3歳から6歳まで)、小学生部門(7歳から12歳まで)、大人部門(13歳以上)の3部門。エントリー期間は2022年1月21日まで。結果は1月31日にWebサイトやSNSで発表する他、YouTubeライブによる表彰式も予定している。

 今回は、チューブロック購入が可能な日本・アメリカ・香港の3か国で同時に開催。各国から作品を集め、審査員が採点して入賞を決定する。受賞作品は商品を獲得するとともに、提携するショップ等で展示される予定。審査員には、香港から現地プリスター社の代表・Priscilla Hui氏が参加。また、ブロックはかせこと前原浩氏、教育者の小川大介氏、カマキリ博士として有名な渡部宏氏、おひるねアート協会代表理事の青木水理氏が審査員として大会を盛り上げる。

 エデュテは第2回ワールドカップ開催を記念して、障害者施設へチューブロックを寄付するとともに、教材・遊具としてチューブロックを導入している全国の幼稚園・保育園からのエントリーも募集する。

◆第2回チューブロックワールドカップ
エントリー期間:2021年10月20日(水)~2022年1月21日(金)
応募方法:チューブロックのオリジナル作品を「#tublocwc」をつけてInstagram・Twitterで投稿し、ワールドカップ特設サイトからエントリーする
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top