英語能力指数、日本は112か国中78位…大幅下落

 イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)は2021年11月16日、世界112か国・地域の約200万人の英語試験ビッグデータを活用した英語能力のベンチマーク「EF EPI英語能力指数」を発表した。日本は78位と調査開始以来初めて下位3分の1のグループに入った。

教育・受験 その他
EF EPI英語能力指数 世界ランキング
  • EF EPI英語能力指数 世界ランキング
  • 英語能力レベルの世界分布
 イー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)は2021年11月16日、世界112か国・地域の約200万人の英語試験ビッグデータを活用した英語能力のベンチマーク「EF EPI英語能力指数」を発表した。日本は78位と調査開始以来初めて下位3分の1のグループに入った。

 EF EPI英語能力指数は、EFがオンラインで無料公開している英語力測定テスト「EF SET」(エフセット)の前年受験データを元に、非英語圏の国・地域における英語能力を、経年的に計測・追跡したもの。2011年より毎年秋に発表している。EPI指数の国別ランキング、CEFRに準拠した5段階の英語能力レベルのほか、「人材競争力指数」「人的資本指数」等の外部指標と英語能力指数の相関関係を考察した分析レポートから構成されている。

 調査参加国は、今回初めてコンゴ民主共和国やガーナ、ハイチ、マダガスカル、モルドバ、モザンビーク、ソマリア、南スーダン、タンザニアの9か国が調査対象に加わり、調査規模は過去最多の112か国・地域へと拡大した。

 2021年度のランキングは、1位「オランダ」、2位「オーストリア」、3位「デンマーク」、4位「シンガポール」、5位「ノルウェー」。日本は78位と調査開始以来初めて下位3分の1のグループに入った。アジアでの順位は24か国中13位。参加国の増加に伴い、日本の相対的順位が下落している。

◆EF EPI英語能力指数
1位「オランダ」
2位「オーストリア」
3位「デンマーク」
4位「シンガポール」
5位「ノルウェー」
6位「ベルギー」
7位「ポルトガル」
8位「スウェーデン」
9位「フィンランド」
10位「クロアチア」
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top