英検、第3回個人・団体申込の締切日を12/13まで延長

 日本英語検定協会は2021年12月9日、2021年度第3回の実用英語技能検定(英検)の個人および団体申込の締切日を当初の12月10日から12月13日まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の影響を見極めるための可能な限りの猶予期間を設ける。

教育・受験 高校生
英検(従来型)2021年度第3回の締切日延長について
  • 英検(従来型)2021年度第3回の締切日延長について
  • 実用英語技能検定(英検)
 日本英語検定協会(英検協会)は2021年12月9日、2021年度第3回の実用英語技能検定(英検)の個人および団体申込の締切日を当初の12月10日から12月13日まで延長すると発表した。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の影響を見極めるための可能な限りの猶予期間を設ける。

 2021年度第3回の英検(従来型)は、2022年1・2月に一次試験、2・3月に二次試験が行われる。英語協会は当初、第3回の締切日を12月10日に設定していたが、実施運営に従事する学校や大学等の協力のもと、世界中で感染拡大する「オミクロン株」の影響を見極め、英検受験を判断するための猶予期間をできる限り設けることを目的に、締切日を12月13日まで延長することを決定した。

 「オミクロン株」の脅威の程は未確定な状況にあり、不安の募る中でも入試の活用等によりこの時期に英検を受験しなくてはならない受験者に最大限配慮した対応となる。

 これにともない、個人のインターネット、コンビニ申込、および団体のインターネット、郵送・FAX申込の締切りを12月13日午後5時に変更する。なお、書店申込は12月7日協会必着、海外会場のインターネット申込は12月10日締切りで、当初予定から変更なし。なお、団体の郵送申込の場合は、12月13日協会必着。

 この他、受験上の配慮が必要な障害のある受験者を対象に実施する英検S-Interview2021年度第3回検定「個人申込」についての締切日の変更はなく、12月3日ですでに申込みを締め切っている。

 今後、コロナ禍の影響等で変更が生じる場合は、英検協会Webサイトで案内するという。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top