社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング」1位はグーグル

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは2022年1月20日、社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング2022」を発表した。

生活・健康 大学生
AWARDS働きがいのある企業-2022-
  • AWARDS働きがいのある企業-2022-
  • AWARDS働きがいのある企業-2022(1~10位)
  • AWARDS働きがいのある企業-2022(1~50位)
 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは2022年1月20日、社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング2022」を発表した。

 このランキングは、2020年7月1日~2021年12月31日の期間に「OpenWork」に投稿された社員や1年以内に退職した元社員による9万2,356件のレポート回答を対象に集計し、社員の働きがいをランキングにしたもの。2022年で9回目の実施となる。

 レポートでは、「待遇面の満足度」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代成長環境」「人材の長期育成」「法令順守意識」「人事評価の適正感」の8つの評価項目をもとに、「OpenWork」独自のアルゴリズムにより算出した。

 ランキングトップは、3年ぶりに1位となったインターネット関連サービス大手「グーグル」。評価点は4.78。「この会社に3年以上いるだけでも、日本企業の10年ぐらいの濃密な体験ができる」「女性のみならず、ありとあらゆる面で公平性を保とうとしている努力がみられる」等のクチコミが寄せられた。

 2位は、初のTOP3入りをした大手医薬品メーカーの「中外製薬」。評価点は4.62。「3年目までの研修と英語研修が充実している」「コンプライアンスに対する意識が非常に高い」等のクチコミで評価された。3位は「リクルート」。評価点は2位との僅差で4.61。「しっかりとした研修制度で、ビジネスマナーからトップセールスの営業方法まですべてを学べる」等のクチコミが投稿された。

 なお、TOP10のうち、「グーグル」をはじめ、「セールスフォース」「マイクロソフト」等の外資系企業6社がランキングした。このランキングは、上位50社まであり「OpenWork」のWebサイトで公開されている。

◆社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング2022」
1位:グーグル
2位:中外製薬
3位:リクルート
4位:セールスフォース・ドットコム
5位:プルデンシャル生命
6位:アビームコンサルティング
7位:P&Gジャパン
8位:ソニーグループ
9位:日本マイクロソフト
10位:デロイトトーマツコンサルティング
《川端珠紀》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top