【高校受験2022】三重県立高、前期選抜の志願状況・倍率(確定)津西(国際科学)4.68倍

 三重県教育委員会は2022年1月28日、2022年度(令和4年度)三重県立高等学校前期選抜等の志願状況を取りまとめて発表した。前期選抜の全日制課程全体の志願倍率は2.09倍。おもな学校の志願倍率は、津西(国際科学)4.68倍、松阪(理数)4.38倍等。

教育・受験 中学生
前期選抜<全日制課程>
  • 前期選抜<全日制課程>
  • 前期選抜<全日制課程>
  • 前期選抜<定時制課程><通信制課程>
 三重県教育委員会は2022年1月28日、2022年度(令和4年度)三重県立高等学校前期選抜等の志願状況を取りまとめて発表した。前期選抜の全日制課程全体の志願倍率は2.09倍。おもな学校の志願倍率は、津西(国際科学)4.68倍、松阪(理数)4.38倍等。

 2022年度三重県立高等学校前期選抜、特別選抜、連携型中高一貫教育に係る選抜は、1月21日から1月26日にかけて入学願書を受け付けた。全日制課程全体では、49校110学科・コースで前期選抜募集を実施。募集人員3,483人に対し、志願者数は7,286人、志願倍率は2.09倍となった。

 もっとも志願倍率が高かったのは、津西(国際科学)4.68倍。ついで高かったのは、松阪(理数)4.38倍、上野(理数)3.95倍、宇治山田(普通)3.87倍。

 その他、全日制課程のおもな学校の志願倍率は、四日市西(比較文化・歴史)3.30倍、四日市西(数理情報)3.10倍、神戸(理数)2.85倍、川越(国際文理)3.55倍、名張青峰(普通)3.23倍等。

 前期選抜は今後、2月2日と3日に学力検査等を実施。合格内定の発表は2月14日。一般選抜にあたる後期選抜は、2月21日から25日に願書受付、3月2日から4日に志願変更を受け付ける。検査日は3月9日、合格者発表は3月17日。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top