【高校受験2022】滋賀県公立高入試<英語>講評…標準~やや難

 2022年3月9日(水)、2022年度(令和4年度)滋賀県公立高等学校入学者選抜が実施されたリセマムは、京進の協力を得て、学力検査「英語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

教育・受験 中学生
【高校受験2022】滋賀県公立高入試<英語>講評
  • 【高校受験2022】滋賀県公立高入試<英語>講評
 2022年3月9日(水)、2022年度(令和4年度)滋賀県公立高等学校入学者選抜が実施された。2022年3月7日に発表された全日制課程の出願者数は、学力検査定員6,308人に対し6,912人が志願し、確定志願倍率は1.09倍。学校別の志願倍率は、膳所1.56倍、石山(普通)1.60倍など。

 リセマムは、京進の協力を得て、学力検査「英語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

滋賀県公立高入試<英語>講評
(京進 提供)



大問1 リスニング問題 〔標準〕
大問2 アンケート結果をもとにした会話文問題 〔標準〕
大問3 意見発表をもとにした読解問題 〔やや難〕
大問4 自由英作文問題 〔やや難〕

 大問数は例年通りであった。大問1のリスニング問題の構成や難度は例年通りであった。

 大問2は英語の授業のきまりについてアンケート結果をもとに生徒がスピーチをしている内容であった。代名詞、形容詞を問う問題では前後をしっかり読み込む必要がある。大問3は昨年と同様に環境問題に関する内容であった。大問6では解答者の意見(賛成か反対か)を10語以上の英文で答えなければならなかった。発表された内容を自分なりに解釈し、賛成(もしくは反対)の意見を根拠(理由)も含めながら表現する必要がある。

 大問4の自由英作文は昨年と同様に15語以上35語以内で自分の考えと理由を書くというものであった。身近な題材について自身の考えとその理由をしっかり表現する必要がある。日ごろから周りの状況を英語で表現できるような取り組みを心がけるようにしよう。

滋賀県公立高入試・講評(提供:京進)


英語講評
数学講評
国語講評
理科講評
社会講評
---
 このレポートは2022年3月9日(水)に、速報として京進により作成されたもの。

 京進は関西・愛知を中心に全国で学習塾、個別指導教室を展開している。最新の脳科学に基づくオリジナル学習法であるリーチングメソッドは、自ら学ぶ力を育む学習法として高い効果を上げている。

協力:京進
《編集部》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top