東京工科大学、高校生対象の実験体験「チャレンジラボ」

 東京工科大学応用生物学部は、同大学八王子キャンパスで2022年7月17日、8月7日の2回、高校生を対象に「Challenge Lab.(チャレンジラボ)」を開催する。最新の医薬品や化粧品の技術について最先端の研究設備で体験する。参加費無料。事前申込制。

教育イベント 高校生
実験(化粧品)イメージ
  • 実験(化粧品)イメージ
  • Challenge Lab.(チャレンジラボ)
 東京工科大学応用生物学部は、同大学八王子キャンパスで2022年7月17日、8月7日の2回、高校生を対象に「Challenge Lab.(チャレンジラボ)」を開催する。最新の医薬品や化粧品の技術について最先端の研究設備で体験する。参加費無料。事前申込制。

 東京工科大学には、バイオナノテクセンターを中心に最新の機械が多数整備されており、常に最先端の研究ができる。応用生物学部の魅力は実験と研究にある。高校生が大学での研究を体験できる機会は多くなく、応用生物学部での研究に魅力を感じでもらうために、大学の最新の施設を利用した実験体験「チャレンジラボ」を2009年より開催している。

 4年ぶり、13回目の開催となる今回は、「DNAの分析」と「化粧品の界面科学」をテーマに、これらを専門とする東京工科大学応用生物学部の生命科学・医薬品専攻医薬品コースの西良太郎准教授と食品・化粧品専攻化粧品コースの柴田雅史教授が指導を行う。

 7月17日は、「バイオテクノロジーを用いたDNAの判別方法」をテーマに西良太郎准教授が指導する。今回の実験では、高校生物でも学習する制限酵素とポリメラーゼ連鎖反応(PCR)という分子生物学の技術を利用し、未知のDNAサンプルの判別を行う。バイオテクノロジーの有用性やDNAやタンパク質といった分子の精緻な働きを体験する。

 8月7日は、「化粧品の界面化学『油汚れを洗い流せるオイルクレンジング剤の作成と評価』」をテーマに柴田雅史教授が指導。肌の油汚れを落とす化粧品「クレンジング剤」をテーマに実験をする。界面活性剤、オイル、保湿剤を組みあわせてオイルクレンジング剤を作成し、汚れ落としの性能や使用感触についても体験する。

 参加費無料。当日の持ち物は筆記用具のみ。服装は実験に適する服装。サンダル、ハイヒール等はNG。対象は高校生。申込者(高校生限定)以外に最大1名の同伴者が参加できる。同伴者は、友人、保護者等実験テーマに興味があれば誰でも参加できる。ただし、同伴者は見学のみ。定員は各回30名。申込みはWebサイトの応募フォームより各開催前日午後5時まで受け付けている。

◆Challenge Lab.(チャレンジラボ)
日時:
2022年7月17日(日)13:00~16:00 バイオテクノロジーを用いたDNAの判別方法
2022年8月7日(日)13:00~16:00 化粧品の界面化学「油汚れを洗い流せるオイルクレンジング剤の作成と評価」
場所:東京工科大学八王子キャンパス
※八王子駅よりスクールバス約10分
参加費:無料
対象:高校生
※申込者(高校生限定)以外に最大1名の同伴者が参加できる。同伴者は、友人、保護者等実験テーマに興味があれば誰でも参加できる。ただし、同伴者は見学のみ
定員:各回30名
申込締切:各開催前日の17:00
申込方法:Webサイトの応募フォームより申し込む

東京工科大学 (2022年版大学入試シリーズ)
¥926
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《大田芳恵》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top