台風8号、8/13東日本太平洋側にかなり接近・上陸するおそれ

 気象庁が2022年8月12日17時01分に発表した台風情報によると、台風8号(メアリー)は13日日中に東日本太平洋側にかなり接近し、上陸する見込み。東日本太平洋側を中心に、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒が必要だ。

生活・健康 その他
気象庁Webサイトより
  • 気象庁Webサイトより

 気象庁が2022年8月12日17時01分に発表した「令和4年 台風第8号に関する情報 第6号」によると、台風8号は8月13日日中に東日本太平洋側にかなり接近し、上陸する見込み。東日本太平洋側を中心に、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風や高波に警戒を呼び掛けている。なお、東海地方では、13日日中には、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性もある。

 台風第8号は、12日15時には、日本の南にあり、ゆっくりした速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は1,002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。台風は日本の南を北上し、13日日中に東日本太平洋側にかなり接近し、上陸する見込み。

 また、台風第8号の本体や台風周辺の暖かく湿った空気の影響で、東日本太平洋側を中心に、14日にかけて雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となると予想。13日18時までに予想される24時間雨量は、多い所で東海地方300ミリ、関東甲信地方200ミリ、東北地方100ミリ。その後、14日18時までに予想される24時間雨量は、多い所で東海地方100から200ミリ、関東甲信地方100から150ミリ、東北地方50から100ミリの見込み。

 線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあるため、東日本太平洋側を中心に14日にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう呼び掛けている。

 さらに、東日本太平洋側を中心に、13日にかけて、次第に風が強まり、非常に強い風が吹いて、うねりを伴いしける見込みのため、高波に警戒し、暴風に警戒・注意するよう呼びかけている。13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、関東地方・伊豆諸島・東海地方20メートル(30メートル)、東北地方18メートル(25メートル)。13日に予想される波の高さは、関東地方・伊豆諸島・東海地方5メートル、東北地方3メートルの見込み。

 お盆休みに直撃する見込みの台風8号。今後の台風情報、地元気象台の発表する警報や注意報、早期注意情報、竜巻注意情報、気象情報等に留意し、安全に過ごしていただきたい。

《編集部》

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top