復元された東京駅舎のイベント、想定以上の観客集結で中止に 1枚目の写真・画像

1914年の創建当時の姿によみがえった東京駅舎に対し、46台のプロジェクターを使って高精細なコンピューターグラフィック映像を投射するイベント「TOKYO STATION VISION」、22日は主催者の想定を越える観客が集結してしまい、2回目の上映で中止となった。

趣味・娯楽 その他
巨大な駅舎そのものをスクリーンにしたイベントには想定を大幅に上回る観客が集結。
《撮影 石田真一》 巨大な駅舎そのものをスクリーンにしたイベントには想定を大幅に上回る観客が集結。

編集部おすすめの記事

特集

page top